« 日本仲裁人協会主催「国際家事調停人養成研修」のご案内 | トップページ | かいけつサポート通信第57号 »

2018年6月26日 (火)

地元の信用組合で「しんくみ相続信託」を取り扱っていた!

燕市に本店がある協栄信用組合に行ったときのこと

ふと店舗に貼ってあるポスターをみると

しんくみ相続信託の文字

え?何と思って

これのパンフレット下さいsign01ともらってみた。

webページでも同じ内容が載ってました。

http://www.orixbank.co.jp/pr/shinkumi_sozoku/

オリックス銀行が受託者となっている信託で

預け入れ金額は100万以上500万円以下

受取人は推定相続人のみで一人だけ

受取人は未成年者不可、成年被後見人も不可らしい。

ということで、被相続人が亡くなり口座がロックされて                          葬儀費用などをおろせないことを回避することを主目的とした                              簡易な信託みたいです。

窓口の方に

「これ、申込あります?」と聞くと

「結構いらっしゃいます」

とのこと。

身近に信託が浸透してきていることに驚きを感じた昨日でした。

|

« 日本仲裁人協会主催「国際家事調停人養成研修」のご案内 | トップページ | かいけつサポート通信第57号 »

仕事のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/66871321

この記事へのトラックバック一覧です: 地元の信用組合で「しんくみ相続信託」を取り扱っていた!:

« 日本仲裁人協会主催「国際家事調停人養成研修」のご案内 | トップページ | かいけつサポート通信第57号 »