« 燕市で開催!コミュニケーション基礎講座 ご紹介 | トップページ | 国際シンポジウム「AI・ビッグデータ時代の国際紛争ガバナンス」 »

2018年7月13日 (金)

日本ADR協会のシンポジウム 視聴

本日は午後2時に期日が入っており、上京できずsweat02

事務所に戻ってきてから、来客と電話対応の合間を縫って                       日本ADR協会のシンポジウムをUstreamで視聴

切れ切れの内容でしたが

ものすごく面白かったhappy01

特に、一橋大学の渡邊真由先生の資料がお気に入りheart

内容も興味深かったですが、PPTの作り込みが                             素晴らしく勉強になりましたsign01

紛争処理について、そのシステム自体を考える研究が                          あることに興味津々

スタンフォード大学他でも社会人学生などには                            ネゴシエーションの講座が人気という話も                                    なるほどな~と思ったり。

各国の状況も伺うことができました。

離婚の解決については、イギリスは予算もかけて                           力を入れているらしいです。 

そんな話をききながら

感情が激化しやすい紛争の場合、パソコン画面を通して                              話をすると、激高しにくくなるんじゃないかなと感じました。

その場で、小競り合いもできないし。

また、渡邊先生のPPTにも記載がありましたが                            若い世代は電話が苦手

直接交渉もしない→つまり紛争を表に出さない

今でも学生相談でラインの利用が伸びているという                              ことですし、うまくデジタルデバイスを活用して                            紛争解決できるといいですよね!

日本の現状は?というと

日本ADR協会の関係者の方が同協会のシステムを                          使った”共通インフラ”としてのソフト(?)を                             お考え下さっているらしいです。

なんて有り難いのでしょうshineshine

完成を心待ちにしておりま~すshineshine

そんなこともあり、俄然ODRについて興味がわいた今日でした。

|

« 燕市で開催!コミュニケーション基礎講座 ご紹介 | トップページ | 国際シンポジウム「AI・ビッグデータ時代の国際紛争ガバナンス」 »

メディエーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/66936337

この記事へのトラックバック一覧です: 日本ADR協会のシンポジウム 視聴:

« 燕市で開催!コミュニケーション基礎講座 ご紹介 | トップページ | 国際シンポジウム「AI・ビッグデータ時代の国際紛争ガバナンス」 »