« かいけつサポート通信第57号 | トップページ | 祝!津南町 女性町長誕生 »

2018年7月10日 (火)

情動感染への対処

最近、知った言葉

情動感染

「人の感情が周囲に移る現象」を言うらしいです。

しかも、ネガティブな感情はポジティブな感情より移りやすいみたい。

争いに介入すると相手から恨まれるという状態も含まれるらしいです。

これ、紛争を扱っている方は、普段からとても気を遣っている                        ところなのではないでしょうか?

とばっちりが来ないようにとsweat01

調停の場面ではケースマネージャーとして、                             中立な立場で相手方と接しようと努力していますが、                        相手方の申立人に対する怒りをケースマネージャーにも                          向けてくることがあります。

紛争状態にいる方のバイアスとして大渕憲一先生のご著書によれば

spade反発的低評価

spade公正バイアス 

などが上げられておりますが、これらに対する対処は

diamond相手の視点から問題を考えさせるなどの「視点取得」

diamond自分の視点にとらわれないように客観的に考えさせる「脱中心化」

などが説明されています。

一方、情動感染に対する対処方法はどんなものがあるのでしょうか?

調停に限らず、司法書士業務の中でも                               何らかの争いの中に入ってしまった場合

相手方の恨みを買わないようにするには                                  (具体的に)どうしたらいいのでしょう?

これに関する知見をお持ちの方

教えて下さいsign03

|

« かいけつサポート通信第57号 | トップページ | 祝!津南町 女性町長誕生 »

メディエーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/66926246

この記事へのトラックバック一覧です: 情動感染への対処:

« かいけつサポート通信第57号 | トップページ | 祝!津南町 女性町長誕生 »