« オンライン調停に使う機材など | トップページ | 日本仲裁人協会 調停人トレーニング中級編のご案内 »

2018年8月 9日 (木)

NVC(Nonviolent Communication)とは?

最近、人間関係に悩むことが多く

アサーティブのトレーニングに行きたいな~と思っていたところ

調べると

新潟県女性財団では10月14日(日)にアサーティブジャパンの講師による講座が開催予定

そして、JIELでは12月に講座開催予定

http://jiel.jp/programlist/labstepup/kyoukan2/

JIELの講座の内容は以下のとおり

この講座ではアサーション(自己表現)の方法として、マーシャル・B・ローゼンバーグ博士による                              NVC(Nonviolent Communication)の考え方を学び、グループでの演習を通じて自分や他者の感情に注目し、                          その背景にあるお互いが必要とするもの(ニーズ)を尊重しあえるような問いかけや応答、語りを試みます。

感情に寄り添い、必要としていること(ニーズ)に気づいたときに人はつながりを実感できます。 

自分とつながり、他者ともつながるための表現を体験から学び合いましょう。

とても面白そう

そして新しく知った言葉NVCとは何か?

調べてみると、日本にも団体があるみたい

NCV Japan

ちょうど”感情”についてもっと学びたいなあと思っていたのでちょうどいいタイミングでした。

JIELの講座は12月ですが、なんとか都合をつけて行ってみたいな

そしてNVC Japanのページを見ていると

ミディエーション養成も行っているとの記事を発見

日本でもいろんな団体・流派でメディエーションやっているんですね。

http://nvc-japan.net/misc/mediation_recommend/

プログラムを抜粋いたしますと

第1回 –  NVCミディエーターは自己共感を拠り所とする 
第2回 –  NVCミディエーターはニーズに翻訳し橋渡しする
第3回 –  フライト・シミュレーター(デモ)
第4回 –  NVCミディエーターはつながりを見守る
第5回 NVCミディエーターはプロセスを信頼する
第6回 NVCミディエーターはニーズを集めて解決を促す
第7回 フライト・シミュレーター(フル練習)
第8回 NVCミディエーターはお役御免になることを願っている

理論的には、これまで勉強をしてきた内容と似ている感じ

NVCもすごく気になるので入門編としてJIELの講座に行ってみたいです

|

« オンライン調停に使う機材など | トップページ | 日本仲裁人協会 調停人トレーニング中級編のご案内 »

メディエーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NVC(Nonviolent Communication)とは?:

« オンライン調停に使う機材など | トップページ | 日本仲裁人協会 調停人トレーニング中級編のご案内 »