« 愛媛和解支援センターの調停者養成初級講座のご案内 | トップページ | 公証人による面談もオンラインで? »

2018年10月31日 (水)

定款認証時における「実質的支配者」の申告

昨日、用事で地元の公証役場に伺いました。

その時に、公証人さんから「知ってますか?」と聞かれたこと

平成30年12月1日から公証役場で定款を認証する時に                       FATFうんぬんの絡みで

会社出資者の「実質的支配者」に関する申告書の提出が                         必要になるようです。

う~ん、知りませんでしたcoldsweats01

で、調べると京都の内藤先生のブログに記載ありましたsign01

さすが内藤先生sign03

https://blog.goo.ne.jp/tks-naito/e/9957cf57aff91f314b2db56598594a31

上記記事によれば、確かに

公証人法施行規則の改正が平成30年11月30日施行予定とあります。

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=300080167&Mode=0

ということで、今年12月1日に申告書提出がスタートするってことなんですね。

公証人さんのお話によれば、申告書はA4 1枚もの程度らしいのですが                   webで検索しても、現物が見つかりませんsweat01

日司連からも何も連絡きていない記憶sweat01sweat01

取り急ぎ定款認証の予定はないけど、施行日も近いので                      早く書面アップして欲しいですね。

|

« 愛媛和解支援センターの調停者養成初級講座のご案内 | トップページ | 公証人による面談もオンラインで? »

仕事のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516176/67331247

この記事へのトラックバック一覧です: 定款認証時における「実質的支配者」の申告:

« 愛媛和解支援センターの調停者養成初級講座のご案内 | トップページ | 公証人による面談もオンラインで? »