« 応援したい旅立ち | トップページ | 講義内容の変化 »

2019年4月 8日 (月)

日本交渉学会「デジタル時代の紛争解決ーODRとe交渉・eメディエーション」の講演を聞きに行きました

先週の土曜日は中央大学後楽園キャンパスへ

日本交渉学会 2019春の講演会に行ってきました。

Img_20190406_180646

お目当ては、渡邊真由先生のご講演

「デジタル時代の紛争解決ーODRとe交渉・eメディエーション」

私含め、会場の多くの方が反応したのが

”紛争は成長産業である”との言葉です。

ハーバード流交渉術で有名なユーリーが言った言葉らしいですが、当日のご講演を聴くと本当にそんな気がしてきます。

 

盛りだくさんの内容でしたが、一部ご紹介しますと

「ADR」円満に解決する

「ODR」利便性を向上させる

「DSD」解決の仕組みをつくる

「Legal Design」利用者のニーズを知る

これらを相互に関連し、協働させることで使いやすい制度が構築できる、と理解しました。

数年前に司法書士の中で遠隔地調停について協議していた頃とは隔世の感です。

技術が飛躍的に進歩し続ける現在では、

例えば、大学内での留学生同士のトラブルなどをODRを使って行う、

お互いに外国語で理解が難しい内容もオンライン画面上で字幕が流れる、

なんてことも可能になりそうです。

 

停滞している司法書士業界のADRですが、これからできることがありそうな予感。

頭が悪く、なかなか理解がおぼつきませんが、ますますODRに興味が増してきました。

特に、デザインやテックの力を借りてよりよいものにしていくというのは是非やってみたいです!

最後に渡邊真由先生のご著書ご紹介します(^^)

Img_20190408_164049

貴重なご講演、ありがとうございました!!

|

« 応援したい旅立ち | トップページ | 講義内容の変化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 応援したい旅立ち | トップページ | 講義内容の変化 »