« 日本交渉学会「デジタル時代の紛争解決ーODRとe交渉・eメディエーション」の講演を聞きに行きました | トップページ | 燕三条レストランBit 燕三条本店に行ってみた »

2019年4月12日 (金)

講義内容の変化

新潟県警察で実施されている「けいさつ相談専科」で

講師をさせて頂くようになってから5年くらいたつでしょうか。

一番最初は”多重債務相談関係”についてのご依頼でした。

私が担当する前から、司法書士会が持っているコマでは、このお題だったのでしょう。

私自身も多重債務相談が減ってきていますが、警察でも同様らしく

ヤミ金の相談が減っているそうです。

そのため、今年は多重債務相談の部分を減らして成年後見に関する部分を増やしてほしいとのオーダーです。

”高齢者”に関連する相談が増えているのだそうです。

 

更に、昨年の「けいさつ相談専科」 には法務省から担当者さんがきて「かいけつけサポート」の説明をするコマがあったとのことで、受講者から大変好評であったようです。

かいけつサポート通信を見直しましたら、59号と61号に記事がありました。

で、今年は、私のコマで司法書士会の調停センターについての説明も増やしてほしいとのオーダーがありました。

一番最初に伺った時は、こちらから調停センターのPRをさせて下さい!

というスタンスでありましたが、

県警のほうから調停センターの説明も追加してほしいといわれるようになるとは✨

なんだか時代の移り変わりを感じましたね。

ちょうど、取り扱い分野の変更についても御案内できる好機♥

新潟県警察本部の方には、よい機会を与えて頂き、感謝です!

 

|

« 日本交渉学会「デジタル時代の紛争解決ーODRとe交渉・eメディエーション」の講演を聞きに行きました | トップページ | 燕三条レストランBit 燕三条本店に行ってみた »

研修・勉強会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本交渉学会「デジタル時代の紛争解決ーODRとe交渉・eメディエーション」の講演を聞きに行きました | トップページ | 燕三条レストランBit 燕三条本店に行ってみた »