« 関東ブロック司法書士会定時総会に参加 | トップページ | 日本ADR協会 シンポジウム「ADRはどう変わるか~IT化の可能性と課題~」の御案内 »

2019年6月 4日 (火)

県民性の違い

前回の記事にも少し書きましたが

久しぶりに大阪の同期の方とお会いしました。

で、またメールしたりして。

初めて、みんなに会った時のことを思い出しました。

その時も

大阪(西日本)の方って、なんでこんなに親切でおもいやりがあるの!?と                                          衝撃を受けました。

そして、新潟県(東日本)の人って、冷たいのかも。。。

その衝撃を再び感じた先週末なのでした。

(単に、同期のみんながいい人ばっかりなのかもしれませんが。)

 

愛媛和解支援センターの皆様から教えて頂いた宮本常一の「忘れられた日本人」の中でも                         西日本と東日本の差異が語られる箇所が複数あり、大変興味深いのですが

肌感覚としても西日本と東日本で気質が全然違うなあと思います。

湿度もおおいに関係あり!と思うし。

そんなこともあり、調停人の資質なども西高東低なのでは?と思っております。

私がそんな風に思うようになったきっかけは、もしかしたら、                                      ”大阪の同期のみんなに対する驚き”から始まっているのかもしれません。

フォッサマグナって、すごいな(笑)

|

« 関東ブロック司法書士会定時総会に参加 | トップページ | 日本ADR協会 シンポジウム「ADRはどう変わるか~IT化の可能性と課題~」の御案内 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 関東ブロック司法書士会定時総会に参加 | トップページ | 日本ADR協会 シンポジウム「ADRはどう変わるか~IT化の可能性と課題~」の御案内 »