« 新潟県司法書士会話し合いサポートセンターの書式改訂作業中 | トップページ | かいけつサポート 新規に個人での認証がされていました »

2019年8月26日 (月)

社会規範と市場規範

ダン・アリエリー教授の名著

「予想どおりに不合理」

ようやく読み始めました。

最初から興味深いことがらばかりで、読み進めるのが楽しいです♥

まだまだ最初の方なのですが、最近の話し合いサポートセンターのトピックスと連動する内容がありましたので記事にしてみました。

テーマとしては、「話し合いサポートセンターの費用について」です。

規程修正の過程で、申込手数料、期日手数料、合意手数料、遠隔地手数料をいくらにするか?で大変悩みました。

というか、今でも悩み中

変更認証後は、1年間ほど、特別価格にてご提供の予定ですが、その割引金額、値引き項目はどれか?などを決定する理事会でも大変悩み、困りました💦

現在は、オンライン調停を実施する際に、相手方となる他会司法書士会でお手伝いいただく方の日当をいくらにするか?を協議中

それに伴い、遠隔地手数料との差額、つまり赤字幅がどうなるか?も気になるところ。

新潟県でも、他会司法書士会でも理事会決議が必要なので、ヒヤヒヤです。

 

などなど最近、”お金”の問題で右往左往しておりました。

そんな私にヒントとなる内容が上記書籍にありました。

単語としては「社会規範」と「市場規範」

我々が生きていく上で、この二つの規範があるということ。

文中の文言を引用します。

社会規範は、私たちの社交性や共同体の必要性と切っても切れない関係にある。

市場規範に支配された世界は、賃金、価格、賃貸料、利息、費用便益など、やりとりはシビアだ

文中の具体例を記載しますと

全米退職者協会が複数の弁護士に困窮している退職者の相談に乗ってくれないかと依頼したケース

1)30ドルで依頼した場合は弁護士は断り

2)無報酬で依頼した場合は、圧倒的多数の弁護士が引き受けた

というもの。

1)ではお金の話が出たので「市場規範」を考えて、30ドルでは安いと断り

2)ではお金の話抜きで頼まれると「社会規範」を考えて、引き受けた

なるほどな~

だから認証済み調停センターに協力してくれる司法書士が少ないんだなと妙に納得しました。

市場規範で考えると通常の司法書士報酬と比べて調停センターからの謝礼は安いから引き受けない。

逆に、愛媛和解支援センターは完全ボランティアで報酬はゼロだけど、協力者は多い。

もちろん、松下先生のカリスマ性やいろんな要因はありますが、こと報酬の面で考えると成功戦略だったんだなと改めて感心いたしました。

そうすると、認証なしでやっている群馬会も活況になっている?

司法書士会の調停センターは、報酬の面だけで割り切れるものでもないので、そう簡単に結論づけられないでしょうが💦

にしても、大変大きな示唆を頂いた気がします。

 

 

|

« 新潟県司法書士会話し合いサポートセンターの書式改訂作業中 | トップページ | かいけつサポート 新規に個人での認証がされていました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新潟県司法書士会話し合いサポートセンターの書式改訂作業中 | トップページ | かいけつサポート 新規に個人での認証がされていました »