« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019年9月26日 (木)

新潟県司法書士会話し合いサポートセンター 変更認証おりました

令和元年9月20日付けで

新潟県司法書士会 話し合いサポートセンターの変更認証おりました。

これで新潟県司法書士会でも

「相続に関する紛争」を扱うことができるようになりました!

話し合いサポートセンターのセンター長としてお知らせいたします。

手続が大変だった分、とてもとても嬉しいです💕

実際に実務が開始されると大変になるだろうな~ということは容易に予想されますが、まずは第一歩進めたようです。

運営委員会の皆様も大変お疲れ様でした。

ありがとうございました(^o^)

 

| | コメント (0)

2019年9月25日 (水)

ADRにおける本人確認とは?

新潟県司法書士会がオンライン調停を実施する前提として、他会司法書士会の場所と機械、そして人を借りて実施しようと考えておりました。

司法書士会同士でオンライン調停に関する協定書を締結したうえで。

が、協定書の締結がかなり厳しいようです。

これまで、協力いただけそうな単位会の担当者等と個別にやり取りしてきましたが、関東ブロック全体で考えた方が、今後もスムーズと思ってご意見を頂戴したところ、かなりのハードルでした。

伝聞にはなりますが、現在の問題は以下の2つに集約されると思われます。

1.当事者の本人確認をどうするか?

 当初、事前に新潟県司法書士会に運転免許証等の写しを郵送してもらい、当日は、現地の司法書士に原本確認をしていただくと思っておりました。

 が、それが不可のようです。

 司法書士は職責上、特に登記の場合「本人確認」することの責任がとても重く、犯罪収益移転防止法も遵守すべきとなっております。

 通常業務の本人確認の重さから、ADRになっても同等の注意義務を課せられると考えている方が大半のようです。

 実際、東京では地面師によるなりすまし事件~積水ハウスの事件~もあったので、皆様の意識も大変シビアです。

 懲戒、そして多額の損害賠償がチラつくわけです。

 ここは、実際どうなのか?ADR法には規定はないと思うけれど・・・

 法務省に聞いてみました。すると

 ・ADR法にもガイドラインにも「本人確認」に関する定めはない。

 ・これまでADRにおける本人確認について問合せはない

 ・結果、答えられない

 でした。

 う~~~ん、じゃあ、本人確認の程度や方法は答えがない、ということですね(涙)

 となりますと、真面目な司法書士は通常業務基準を考えることでしょう。

 ということで、現実的な解決方法は、現地司法書士は「本人確認をしない」ということになるでしょう。

 じゃあ、どうするか?です。

 参考として、仮想通貨取引の本人確認は、IDセルフィーという手法でOKのようです。

 金融庁も認めている方法なのかな?

 例えば、このウェブページに説明があります。

 特に、オンライン調停の場合は、その手法が参考になると考えます。

 この点、専門家のご意見も頂戴しながら、現実的な落ち着きどころを探していきたいと思います。 

 本人確認技術は、日進月歩でしょうから、しばらく経つと良い方法が出てくる可能性もありますね。

 

2.機械の操作に対する心配

 当事者が激高して、PC壊したらどうする

 途中で回線切れたらどうする

 設定がうまくいかなかったらどうする

 と様々な心配があるようです。

 結果、PC等機械は新潟県司法書士会で準備して下さい、というご意見になるようです。

 毎回、新潟県司法書士会からPC一式を宅急便で送るのか???

 こちらは、PC複数台用意しておき、Live Onのほか Zoomも準備しておくとかでなんとかならないかなあと。。

 もう一つ、事前に当事者にエクスキューズをしておく!

 当事者の方にオンライン調停はオンライン調停は途中で回線が切れたり、音声が聞こえにくいことがあったり、タイムラグがありますが、それでもよいですか?了解されますか?的な「確認書」に署名してもらうなどが考えられるでしょうか。

 あとは、とある方からのアドバイスですが、そもそも司法書士会館を使わずIT機器がしっかりしている「レンタルオフィスで実施する」も検討の余地がありそうです。

 実現は、なかなか難しいとは思いますが(汗)

 いずれも実務をこなしていく中で、徐々にやり方が改善されていくと期待しています。

 多くの皆様の知見、アドバイスも参考にしながら、より良い方向に行くことを願っております。

<追記>

 東京のご担当者さんより連絡があり、東京会では本人確認実施できそうです(^^)

| | コメント (0)

2019年9月20日 (金)

「人材育成セミナーINつばめ ロジカル・シンキング基礎講座」のご紹介

すっかり涼しくなった新潟県

夏の疲れと寒暖差そして稲のアレルギーか、調子を崩しております💦

なんとか9月末を乗り切れるよう、頑張ります!!

 

さて、お久しぶりに新潟県女性財団の講座のご紹介です。

人材育成セミナーINつばめ ロジカル・シンキング基礎講座

日時:令和元年11月10日(日)10:00~17:00

場所:燕市民交流センター3階多目的ホール(燕市日之出町1-1)旧吉田庁舎です

講師:加藤 彰さん(日本ファシリテーション協会フェロー)

費用:5000円

内容

・分かりやすく伝える/話す
・問題解決の手順の基本を押さえる
・フレームワークを的確に活用する

新潟県女性財団の講座にも行きたいな~と思っているものの、年々体力がなくなり、余裕なくて行けておりません(汗)

今年度中に1つくらいは行きたいです。

| | コメント (0)

2019年9月14日 (土)

かいけつサポート 新規に個人での認証がされていました

9月に入り、初めての投稿です。

消費税増税のためか、私のような弱小事務所でも今年の9月は例年になく忙しく、なかなか投稿できませんでした💦💦


さて、新潟県司法書士会 話し合いサポートセンターですが

ようやく変更認証が下りる段階になってきました。

何回補正したか、もはや覚えておりません。

そして相変わらず、変更に伴う書類作成に追われております(涙)

そんな中、調べたいことがあり「かいけつサポート」のホームページを見に行ったら

令和元年9月9日付けで個人の方で認証がなされていました。

ちなみに、我々も覚えやすい重陽の節句の日がいいな~と思っていたのですが間に合わず。。。

「水田耕二」

福岡県での設立で名称は”相続と離婚のADRセンター”

う~ん、法改正もあり、もしかして紛争解決のトレンドは「相続」なのかな

水田様は存じ上げませんが、HP上の情報を見る限り、家庭裁判所に何らかの関係のあった方と思われます。

我々新潟県司法書士会も相続問題でお困りの方のお役に立てるよう頑張って参ります!!

<追記>

入江先生が情報アップして下さっていました。

水田様は、行政書士さんでした。

| | コメント (0)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »