« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

2020年3月27日 (金)

オンライン調停を更に使いやすいものにしたい

連日、新型コロナウィルスの感染の勢いは止まることなく、本当に心配ですね。

さて、そういった状況でテレワークが推奨されておりますが、調停もオンラインで、というご要望が出るのではないかと思います。

ただ、残念ながら、新潟県司法書士会話し合いサポートセンターの規程が・・・

中途半端なものを作ってしまいました。

具体的には、「調停の場所」が限定されていることです。

オンライン調停をする場所は、本会、会員事務所、書記の事務所、他会司法書士会

当初、県内においては、会員がPCの操作や本人確認をするので会員事務所等で実施する

県外においては、当該県の司法書士会館にて、事務局にあるPCをお借りして実施する

と想定していました。

しかしながら、過去の記事にもありますように、他県の司法書士会で実施するハードルが高すぎ!

そして司法書士は、PCの操作が苦手な方が多いことが判明しましたので、このスキームは変更しなくてはとずっと考えておりました。

最終的には、スマホやモバイルPC等でオンライン調停を実施できるように規程変更をしたいと念願しています。

テレワークをする方も増加している昨今

通信サービスでも5Gのサービスがスタートしました。

きっと、頭のよい方が、スマホを使った本人確認の確実な方法を開発してくれるはず!!

その間に、規程変更作業をしたいなあ

そしてまた変更認証か(涙)

 

| | コメント (0)

2020年3月14日 (土)

話し合いサポートセンターの調停は当面受付を保留いたします

衰えることのないCOVID-19の感染💦

多方面に悪影響を及ぼしており、早期の収束が望まれますね。

さて、新潟県司法書士会が実施する面談相談が当面、中止されましたが、話し合いサポートセンターの調停も同様の措置をとることになりました。

会議室で比較的長い時間、面談で話すことが想定される調停

法律相談も中止している中、確かに心配ではありますよね。。。

一方、裁判所の調停は休止しているとの話は聞きませんが、従前どおり実施されているのでしょうか?

| | コメント (0)

2020年3月 8日 (日)

講義をユーチューブで生中継

新潟県でもCOVID-19の感染が報告されました。

卓球スクールでクラスターが発生したようで、そんなに大人数の集まりでなくても状況がそろえば、感染拡大するんですね。

新潟県司法書士会でも3月開催予定の研修が軒並みが中止されています。

参加者が10名程度の新人研修も。

こちらではADRの講義も予定されており、(私は)レジュメ等も完成させていたので、ちょっと残念でした。

また、先週の金曜日には、司法書士による無料相談も当分中止にするように執行部より連絡がきました。

市町村などの会議室等の閉鎖空間で、面談して一人30分程度、話す

確かに、中止したほうが安心ですよね。

そんな中、前会長の外山先生による”債務整理ゼミ”はユーチューブによる生中継をしてもらえることになりました。

こちらも参加者は10名程度。6回のシリーズものです。

会場は、外山先生の事務所の会議室です。

で、そこから生中継

も~、便利としか言いようがありません(^o^)

事務所にいながら、講義が聞ける!

しかも当日、参加できなくても録画されているので、後日、都合のよい時に見ることもできます。

パソコン操作に精通している外山先生だからこそ、すぐに対応をしていただけて、本当にありがたいです🎶

このところ、民事再生は受託しておらず、すっかり忘れていたので、久しぶりに民事再生の講義を聞き、勉強になりました✨✨

新潟県司法書士会の研修もこれができれば、めちゃ便利・・・なのでしょうが、研修においでになるのは、とっても真面目な高齢会員が中心、となると・・・以下自粛

もちろん、直接会場で受講するメリットもありますが、このご時世では、オンライン利用は便利さが勝るなあとつくづく感じました。

| | コメント (0)

2020年3月 1日 (日)

法務省 定時総会の開催について

COVID-19の影響でイベント等の中止が相次いでおります。

日本司法書士会連合会でもようやく2月28日に3月中の会議については,中止又はweb会議の実施を推奨する旨の通知が出ました。

これで異端児から卒業できそうです(笑)

さて、そんな中、3月期末を目前にして、もうすぐ訪れる企業の定時総会はどうなるのだろう?

上場企業だとかなりたくさんの方が集まるし。。。

こういった事情で通常の時期に定時総会が開催されなかった場合、役員の任期はどうなるのだろう?との疑問が湧きました。

で、ESG法務研究会のWebページを見たところ・・・

令和2年2月26日に立花先生が記事を投稿して下さっていました。

さすがです✨✨✨

その後、立花先生より法務省が一応の見解をアップしているとの情報を得ましたので、こちらでもご紹介

定時総会の開催について


結局、COVID-19の影響により決算期から3か月を越えて定時総会を開催した場合の任期はどうなるのかはハッキリわからないです(汗)

三か月を越えて開催した定時総会まで任期があると考えるのが妥当のようです。

追記

登記研究761号に東日本大震災の時の運用が載っており、Q12に回答がありました。

| | コメント (0)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »