« 闘病日記 その1 | トップページ | 闘病日記 その3 »

2020年5月30日 (土)

闘病日記 その2

入院すると、手術前、手術当日、手術後のロードマップのような説明書をもらいました。

見るだけでこれからどんなことが待ち受けているのかドキドキするのですが、まだ実感が伴いません。

手術の前は、痛いとか、辛いとかがないので病人の意識があんまりない一方、検温があったり入院中の説明があったりで意外に何かしら用事があり、暇だなあと思うことはありませんでした。

ちなみに手術そのものの説明と全身麻酔と硬膜外麻酔(手術後の痛み緩和のため)の説明は、聞いているだけで心臓に悪く、ものすごく凹みました。

 

手術前日は、朝イチでお風呂に入り、朝食から絶食で、腸管洗浄が始まります。

生まれて初めての経験でしたが、大腸の検査では通常行われているそうで、ようやくその大変さに気づきました。

定期的に検査するのは本当に大変なことなんですね。

で、一番辛いのは、洗浄用の液体を飲むこと(涙)

とてもとてもマズイ

1リットル飲んでキレイになる方もいるようですが、私は結局、朝から夕方までかかって2リットル近く飲むことになりました。

これまでのストレスとかで、どんだけ悪いモノが溜まっていたのか・・・などと思ったりしました💦

そして手術当日、お陰様で手術は大成功でした。

手術後の執刀医の先生が家族に対して行った説明によれば、「想定する最善の結果」で終わったとのこと。

身体的には、点滴がつながれ、他にもいろんな管が入っています。

足は、血栓予防のため弾性ストッキングを履いて、かつマッサージの機械がついています。

麻酔が切れたあとは、激痛との戦いでした💧💧💧

こんなに痛いのはこれまた生まれて初めて

数時間おきに痛み止めを飲み、なんとか時間が過ぎていきました。

この激痛のなか、ロードマップには手術翌日には「ベッドで座ったり、ベッド脇に起立することができます」と書いてありましたが、まさかできるわけないと思っていたところ、本当にやりました。

我ながら頑張ったなあと今更ながら感じます。

 

手術後2日後は点滴などがとれ、歩行練習開始

手術後3日後は、傷を覆っているシールを剥がし、「痛みに応じて病院内の歩行や院内の散歩ができます」「シャワーもできます」とのこと

実際には、まだまだ激痛との戦いの中にあり、シャワーまでたどり着きませんでした。

が、4日後にはシャワーを使うことができました。

シャワーするのが、こんなにも疲れるとは思いもよらず、いかに健康体でいられることが尊いかを実感しました。

 

最終的には、運良くロードマップの予定通り手術後9日目に退院することができました。

こんなに早く退院になるのはビックリでしたが、自宅に帰ってみるとやはり落ち着くし、食事も美味しい♥
ということで、これでいいんだなあとわかりました。

 

ただ、手術後の身体の変化もいろいろありまして、特に困ったのが手術により自律神経が影響をうけて自己導尿が必要になったことです。

ドクターから「一生必要になる人もいます」と脅かされた言われたのですが、なんとか退院後2週間ほどで必要がなくなりました。

本当によかったです😃

つづく

 

|

« 闘病日記 その1 | トップページ | 闘病日記 その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 闘病日記 その1 | トップページ | 闘病日記 その3 »