« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020年6月18日 (木)

闘病日記 その5 1回目の抗がん剤治療後の身体の変化について

抗がん剤を点滴した翌日である退院日には、予想以上に具合が悪くなりませんでした。

ドクターからも「当日や翌日に体調悪くなる人は少ない、自宅に戻ってから体調悪くなったらそんなものだと思って下さい」とのこと。

そして予告どおり、点滴後2日目から徐々に腰や足が痛くなってきました。

筋肉痛とか関節痛な感じ

3日目には全身のだるさも加わり、ほぼ一日中寝ていることに。

その間、食欲もなくほとんど食べられないので、体重を測る度に体重が減っておりました💦

ちなみに、毎日、体温・体重・血圧などを測って記録することになっております。

このまま、どこまで痩せてしまうのか、ものすごく心配になりました。

が、5日が経過した頃には食欲も戻り、少~~~しずつ体重が戻ってきて安心したところです。

筋力も落ちているからでしょうが、 今日現在、未だに体重が40キロを越えることができません💧

また、体力回復したら、筋力アップもしたいです。

 

最初の症状である筋肉痛とか関節痛が和らいでくると、次は足や腕に湿疹が出てきたり、口内炎が出てきたり

毎日いろんな症状が出てきて、ビックリです。

そしてそれらが収まり、体調が回復してきたあたりで副作用の大定番、脱毛もスタート

薬剤師さんからもらった時系列で書いてある発生可能性副作用表によれば「6/15頃から脱毛」との記載ありましたが、まさにその日からパラパラと髪が抜け始めました。

本当に予定どおりでコレにもビックリ

髪が抜けるとは聞いていたものの、どういう状態で抜けるのか?と思っていたところ、髪を洗うと大量に抜けるんですね。。。

今日は、少しでも髪を触るたびにパラパラと・・・

もう掃除が大変です💦💦💦

自分が動くたびに、その周辺に髪が落ちている状態でコロコロが欠かせません!

いったいどこまで抜けるのか???

続く

| | コメント (0)

2020年6月17日 (水)

闘病日記 その4 治験について

前回の記事で「治験」とあっさり書きましたが、私が提示された内容を詳しく書くと

「BRCA変異陰性の進行上皮性卵巣癌の未治療者を対象としたペムブロリズマブ及び化学療法併用投与後に維持療法としてペムブロリズマブ及びオラパリブの併用投与群とペムブロリズマブ及び化学療法併用投与後に維持療法としてペムブロリズマブ単独投与群を 化学療法投与群と比較する二重盲検、無作為、第Ⅲ相試験」

改めてよく見ると、ものすごく長い!!!

しかも書き間違っているかも。。。

私の理解ですが、他の癌の治療に使っている抗がん剤が現在使われている抗がん剤と併用することで卵巣がんにも効くかどうかを調べるもの

最大4種類の抗がん剤が投与されるらしいものです。

1 化学療法(2種類)+ペムブロリズマブ+オラパリブ

2 化学療法(2種類) +ペムブロリズマブ+オラパリブのプラセボ

3 化学療法(2種類) +ペムブロリズマブのプラセボ+オラパリブのプラセボ

1になると一番薬剤が多くなります。

1で最大4種類(しかも担当ドクターは更にもう1種類の抗がん剤を追加予定とのことなので最大5種類になる可能性大)で

どういう副作用がどれだけ出るか?わからないという不安が大変大きく💦💦💦

またスケジュールも結構キツそうで、病院に行く回数も増えそうだし。

ということで、治験はパスすることにしました。

そして通常パターンによる第1回目の抗がん剤治療を受けて参りました。

6/1~6/3の二泊三日の入院です。

6/1に血液検査、尿検査及び診察をして抗がん剤治療に堪えられるかどうかを確認

6/2に点滴で抗がん剤3種類を順番に投与

6/3に退院 

初めてのことなので、抗がん剤を点滴するとどうなるか・・・ものすごく不安でした。

良く聞く話として、吐き気がひどいとか・・・怖い。。。

実際やってみると、意外に吐き気はあんまりなくて、入院中は食事も食べられました。

 

今回、初めて知ったのは、抗がん剤治療のための点滴をするのに血管に負担がかかること!

何度も腕に注射するから、のようです。

看護師さんに「血管あたためますか?」と聞かれて、???でしたが、その意味は、回数を重ねる内に血管が見つかりにくくなるので、暖かいタオルをかけて血管を見えやすくする、ということでした。

で、一緒のお部屋の方は、血管が見つかりにくいという理由で「ポート」を埋め込み、そこから毎回点滴するとのこと。

ひ~~~、怖~~いと思いましたが、ご本人は「点滴が楽ですよ~」とおっしゃいます。

回数を重ねる内に、そういうこともあり得るんだなあとわかりました。

続く

| | コメント (0)

2020年6月15日 (月)

第16回 仲裁ADR法学会はオンライン開催

本日、第16回 仲裁ADR法学会の概要を知ることができました。

7月11日(土)12:30~17:30

嬉しいことに、オンライン開催です!!

詳細はコチラをご覧下さい😃

タイムスケジュールは以下のとおり

第1報告 12時30分~13時20分

      報 告: 工藤 敏隆 先生(慶応義塾大学)

      テーマ: 「金融ADR機関の業態横断的統合への可能性」

      司 会: 我妻 学 先生(東京都立大学)

 

    第2報告 13時30分~14時20分

報 告: 前田 智彦 先生(名城大学)

      テーマ: 「金融 ADR における紛争処理の統計的分析」

      司 会: 高橋 裕 先生(神戸大学)

 

総会 (14時20分~14時40分)

 

       議題

 (2019年度会計報告

 (理事の交代

 (3)学会誌『仲裁とADR』について

 (4) 第17回仲裁 ADR 法学会大会について

 

4 シンポジウム(14時50分~17時30分)

 

    テーマ: ADRにおける代理人の職務上の倫理について」

    司 会:  石田 京子 先生(早稲田大学)

報告者:  林 圭介 先生(学習院大学)

 山﨑 雄一郎 先生(弁護士)

 齋藤 宙治 先生(東京大学)

 


このまま、順調に抗がん剤治療が進めば、ちょうど7/11(土)は体調が楽なとき❤

事務所からご報告等を聞くことができるのは、本当にありがたいことです❤❤❤




 

| | コメント (0)

2020年6月13日 (土)

闘病日記 その3 予後についての説明

もう6月、今年の夏は暑いというので闘病中の身には堪えそうで、今からドキドキです。

さて、前回の続き

入院中は、自力で歩くのは難しく、点滴台につかまって歩いておりましたところ

自宅ではどうしたものか?と

退院した日に”シルバーカー”購入

お年寄りがつかまって歩く、荷物も入り、疲れたら座ることもできる、アレです。

自宅で使ってもめちゃくちゃ便利✨✨✨

まだまだ傷口も痛いので、腰が曲がったようになり外見上は、本当におばあちゃんみたいです。


退院後、2週間ほどたつと自力で歩けるようになったので、シルバーカーも卒業できました。

ただ、今だに真っ直ぐ立てない、のが残念です。

時間はかかるけど、普通に姿勢良く立てるようになるものでしょうか???

この点も看護師さんに聞いてみると、「人によります」とのお返事でした(涙)

 

徐々に体力も回復したところで、退院後、最初の診察日を迎えました。

この日は、事前に説明のあった「治験」に参加するか否かの結論を持って行く日でもありました。

そして、手術後の詳しい検査結果も出るということで・・・

結果、私のガンはタチが悪いものらしく、5年生存率50%以下、と言われました。

さすがに数字で示されると堪えます。

診察の前には、治験には参加しないと考えていたのですが、その数字を聞くと、より良い可能性のある?治験に参加した方がいいのか?悩んでしまい、すぐに回答できず。

ドクターには「決めておけと言っておいたでしょ」とは言われたのですが、生検の結果を聞くと、なかなか人間弱いもので、すぐに結論は出せませんでした。

しかし、当日中に結論が必要とのことで、順番後回しにしてもらい、家族と相談

結論としては、治験には参加しない、ことにしました。

ということで、次なる難関・・抗がん剤治療は6月1日からスタートすることになりました。

続く

 

| | コメント (0)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »