« 闘病日記 その2 | トップページ | 第16回 仲裁ADR法学会はオンライン開催 »

2020年6月13日 (土)

闘病日記 その3

もう6月、今年の夏は暑いというので闘病中の身には堪えそうで、今からドキドキです。

さて、前回の続き

入院中は、自力で歩くのは難しく、点滴台につかまって歩いておりましたところ

自宅ではどうしたものか?と

退院した日に”シルバーカー”購入

お年寄りがつかまって歩く、荷物も入り、疲れたら座ることもできる、アレです。

自宅で使ってもめちゃくちゃ便利✨✨✨

まだまだ傷口も痛いので、腰が曲がったようになり外見上は、本当におばあちゃんみたいです。


退院後、2週間ほどたつと自力で歩けるようになったので、シルバーカーも卒業できました。

ただ、今だに真っ直ぐ立てない、のが残念です。

時間はかかるけど、普通に姿勢良く立てるようになるものでしょうか???

この点も看護師さんに聞いてみると、「人によります」とのお返事でした(涙)

 

徐々に体力も回復したところで、退院後、最初の診察日を迎えました。

この日は、事前に説明のあった「治験」に参加するか否かの結論を持って行く日でもありました。

そして、手術後の詳しい検査結果も出るということで・・・

結果、私のガンはタチが悪いものらしく、5年生存率50%以下、と言われました。

さすがに数字で示されると堪えます。

診察の前には、治験には参加しないと考えていたのですが、その数字を聞くと、より良い可能性のある?治験に参加した方がいいのか?悩んでしまい、すぐに回答できず。

ドクターには「決めておけと言っておいたでしょ」とは言われたのですが、生検の結果を聞くと、なかなか人間弱いもので、すぐに結論は出せませんでした。

しかし、当日中に結論が必要とのことで、順番後回しにしてもらい、家族と相談

結論としては、治験には参加しない、ことにしました。

ということで、次なる難関・・抗がん剤治療は6月1日からスタートすることになりました。

続く

 

|

« 闘病日記 その2 | トップページ | 第16回 仲裁ADR法学会はオンライン開催 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 闘病日記 その2 | トップページ | 第16回 仲裁ADR法学会はオンライン開催 »