« 広島弁護士会様が当会と”ほぼ”同じ名称で活動開始されています | トップページ | 闘病日記 その7 がんになって考えたこと »

2020年7月 7日 (火)

闘病日記 その6 抗がん剤の副作用

本格的な梅雨の季節となり、毎日九州地方を中心に豪雨のニュースが聞かれます。

豪雨被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。

 

前回の続きです。

まずはじめに、髪は・・・全部は抜けませんでした。

それがかえって、みっともない💦💦💦

また、不思議なことに少し残った髪が伸びてきます。ということでどこかのタイミングでカットが必要みたいです。

あと、今のところ、眉毛とまつげは残っています。

このまま、残っていてほしい!!

 

さて、1回目の抗がん剤治療のあとは、診察がありました。

血液検査の結果をみて、予定通り3週間後に2回目の抗がん剤治療がスタートできるか確認するためです。

見るべき項目は「好中球数」のようで(それは後で知ったのですが)、その日の数値は651と低かったのですが、

ドクターは「低いけど、予定通り入院で大丈夫でしょう」 以上!

でした。

で、6月22日に入院して、再度血液検査をした結果、好中球数は1175

するとドクターから「正常値は1500で、これを下回っているから明日の朝、再度検査して1500を越えていなければ抗がん剤治療はできません。」とのお言葉が。

えっ、そういうことなの!!😵と初めて知ることに。

そして翌日朝6:00に採血しましたが、結局、越えることができず

「このまま2、3日入院して正常値を超えるのを待つのがよいでしょう」とのことでした。

病院の食事がイマイチなので(作っていらっしゃる方スミマセン💦 )、なるべく短い入院にしたいと思っているのに!

着替えも2日分しか持ってきてないのに!と言ったところで、どうにもならず。

まあ、運良く翌日の数値が2000を越えていたので、1日の延長ですみました。

 

同室の方などに伺ったところ、こういうケースはよくあるみたいで、1回自宅に帰る(帰らされる?)方もいらっしゃるようです。

また、薬剤師さんに聞いたところでは、キッチリ3週間おきに抗がん剤治療ができる人の方が少ないようです。

この結果をふまえ、ドクターからは「次回からは4週間おきにしましょう」とのご提案を頂きましたので、快諾いたしました。

 

今日は、2回目の抗がん剤治療が終了して、辛い時期は過ぎたところです。

2回目も1回目と同じ経過をたどるかと思いきや・・・新たな副作用が出てまいりまして・・・

1回目はまだ、軽い方であったと気づきました💦

徐々に薬剤が蓄積されていくために、回を重ねるごとに辛さが増すのだろうと予想します。

2回目に出た新たな副作用は、頭に(たくさんの)湿疹が出たこと。

1回目は、足と腕に湿疹ができたのですが、我慢できる程度で、1週間ほどで消えました。

今回は、後頭部が少しかゆくなってきたな、くらいでしたが、抗がん剤治療後、3日くらい経ったところで我慢できないくらいになりました。

結局、また病院(皮膚科)に行き診察してもらった結果、抗がん剤(恐らくパクリタキセル)の中に入っているステロイドの影響で、頭にニキビができたとのことでした。

外用薬とかゆみ止めを処方していただき、ようやく夜眠れるようになりました✨

ただ、皮膚が元通りにキレイになるには、だいぶ時間がかかりそうです。

あとは、顔にむくみが出たことと、これまたお決まりの口内炎ができたこと

むくみは、1週間ほどでなくなり、口内炎の方は、いつもお世話になっている漢方薬を扱っている薬局で売っている「ササヘルス」というドリンクでうがいをすることで良くなってきました✨✨✨

また次回に向けて、しっかりご飯を食べて体力を回復したいと思います!

続く

|

« 広島弁護士会様が当会と”ほぼ”同じ名称で活動開始されています | トップページ | 闘病日記 その7 がんになって考えたこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 広島弁護士会様が当会と”ほぼ”同じ名称で活動開始されています | トップページ | 闘病日記 その7 がんになって考えたこと »