« 近隣トラブルの相談先 | トップページ | 闘病日記 その19 6回目の抗がん剤が終わりました! »

2020年10月 9日 (金)

不動産登記における会社等の印鑑証明書の省略

ここ最近、体調もよくなってきており、京都の内藤先生のブログも毎日見られるようになりました。

内藤先生には、毎日有益な記事を掲載して頂き、本当にありがたいです✨✨✨

 

ところで、令和2年3月30日付けで公布と施行がされた

「不動産登記規則等の一部を改正する省令」により

不動産登記の申請で会社等の印鑑証明書が添付不要とされました。

ちょうど入院する前で、連日、検査と通院でバタバタしていた時期の改正で気づくのが遅くなり、対応が遅れてしまいました💦💦

そんなところで、10月5日のブログ記事に上記の改正のことが再度、記事になっておりました。

そして、上記ブログのコメント欄に印鑑証明書を出さない不動産会社さんが増えているとの記述がありましたが、まさに私も同様の体験をいたしました。

決済の場合は、特に本人確認の必要もありますし、基本、印鑑証明書の原本を頂戴したいところです。

特に義務者が県外とか、非対面取引の場合は、慎重になるため、原本が必要・・・と思うのですが💧

 

内藤先生はブログ中に以下のような力強いコメントを書いて下さっています。

資格者代理人としての司法書士は,売主等の登記義務者が会社等である場合であっても,その印鑑証明書を徴求して,委任状への押印が登記所届出印であることを確認する必要があるのである。

連合会の方でなんとか、決済時には印鑑証明書の原本を出してもらえるように働きかけしてくれないかなあと願っております。

|

« 近隣トラブルの相談先 | トップページ | 闘病日記 その19 6回目の抗がん剤が終わりました! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 近隣トラブルの相談先 | トップページ | 闘病日記 その19 6回目の抗がん剤が終わりました! »