ADRトレーニング

2017年2月 7日 (火)

関東ブロック司法書士協議会主催「ADRトレーニング」に参加

先週末2月4日(土)~5日(日)は群馬県司法書士会で開催された

関東ブロック司法書士協議会主催「ADRトレーニング」に参加してまいりました。

講師は、認定NPO法人 日本紛争予防センター 理事長の瀬谷ルミ子氏

講師が群馬県桐生市出身ということで、おいで頂けることになったと伺っています。

世界の最前線でご活躍されている方の話を伺える機会と言うことで本当に楽しみにしていましたhappy01

事前にご著書を読んでからの本人のご講演でしたが、お話ぶりや雰囲気、いろんな空気感が伝わってきましたshine

講演中、第二次世界大戦後の71年間における世界の紛争について、地図を用いた変遷図は非常に興味深かったです。

紛争は一定の地域で繰り返し再燃していることが一目瞭然sign01

また、(武力)紛争のイメージは、世界中でいろんな画像が出回っており、容易に見つけることができる一方、平和のイメージについては画像が少ない、というお話も心に残りました。

翌日の振り返りの際では、ADRについても”イメージ”や”画像”が少ないよね~という話になりました。

そうしたところ

なんと群馬県司法書士会のADRチームメンバーに元地方テレビ局勤務で現在もインディーズで映画を撮っているという方がいらっしゃいましたsign03

もー、A監督に映画作ってもらっちゃいましょう(笑)

群馬県は、逸材の宝庫ですね~。

久しぶりに群馬の皆さんにお目にかかれたのも良かったなnote

とても楽しい二日間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月28日 (月)

くまもんに会えるかな

今週末の8/2(土)は、熊本県司法書士会でADR研修講師をするため熊本へ参ります。

前日の8/1午後に熊本入りの予定

8/1は午前中に

日司連のADR委員会で今年法務省に提出した平成25年分の司法書士会調停センターに関するデータについてブレストします。

平成24年分あたりから日司連の事務局さんがデータをきれいにまとめてくれています。せっかくの重要データを作りっぱなしではもったいないsign03

ということで、データを見て、ブレストしましょうということになりました。

次の戦略を考える上でも、まず、それぞれのデータから何が見えるのか、いろんな目で見て、ディスカッションすることが大事だと思っております。

その後に羽田に向かいますairplane

空港にくまもん、いるかな~、会えるといいな~heart

本日、研修資料もご担当者さんにお送りし、準備もOK

人生初の熊本県なので、楽しみですshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月20日 (金)

全青司ADRトレーニング 上級編のご案内

全青司のホームページに全青司ADRトレーニング上級編の案内がアップされました

コチラですshine

全青司のページの中でスクロールしないでも見ることが出来る位置にありますhappy01

全青司会員が優先されますが、メディエーションの研修を受けたことがある方でしたらどなたでも参加できます。

全青司のトレーニングは”旬を扱います。

日本におけるメディエーションを取り巻く環境は数年前とは違ってきていると感じています。

メディエーションを勉強している人も増えました。

メディエーションを実施している団体も増えました。

日本におけるメディエーションのあり方についてもいろんな考え方が出てきています。

そういう中で ”今” 求められていること、やってみたいこと を皆さんとともに考え、楽しいトレーニングを実施したいと思っています。

どうぞお気軽に御参加下さいsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月10日 (火)

全青司ADR部門会議

7日(土)の産業カウンセラー養成講座が終了した後、そのまま新潟駅から東京へ向かいました。

翌日8日(日)に全青司のADR部門会議があるためです。

今年は、僭越ながら私がとりまとめ役を仰せつかったので、皆様私の都合に合わせていただき、例年とは違って日曜日の開催になりました。

東京は絶好のお花見日和

1333938605484

1333938604669_3

(目黒側の桜です)

10時から5時まで会議なので、みんなでお花見はできませんでしたが・・・

さて、会議のこと

今年は、新しく幹事に入って下さった方が4名もいらっしゃいます。

しかも優秀な人ばかりsign03

頼もしいですhappy01

この1日で1年間の事業担当者とスケジュールを決めてしまいます。

かなりボリュームのある会議ですが、メディエーションをやっている方ばかりなので会議もスムーズですheart

そもそも日頃から忙しく、仕事等に対する処理能力がどんどん上がっている皆さんなので、頼んで断られるということがありませんsign03

これすごいことです。そしていつも感心します。

素敵なメンバーと一緒に1年間”楽しく”活動できるのは私にとっても嬉しいことですhappy01

皆様、1年間よろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月26日 (月)

平成23年度第2回新人研修会

3月25日(日)午後1:00~5:00まで、新潟県司法書士会館で平成23年度第2回新人研修会のうち、ADR研修を実施しました。

24日(土)は債務整理について、25日の午前中は成年後見についての研修でした。

今回は、研修のアシスタントに蝶名林さんをお願いし、さらに最後のミニ調停ロールプレイには鈴木さんにも参加してもらいました。

参加者は13名でした。

すでに前日から同じメンバーで研修を受けているから、アイスブレークは不要かな~とかも考えましたが「いやいや、座学が続いても場は暖まっていないだろう」と思い直し、やっぱり実施することにしました。

いざ研修会場に入ってみると・・・

会館も寒いところですが、やっぱりまだ暖まっていない感じsweat01

そうだ!今にして思えば体験学習形式で行うのに参加するのも初めての人ばっかりだったもんねと、このブログを書いていて気づいたところです。

今回の座学の部分は、新人とはいえ司法書士さん対象だったので、大学生向けのパワポを短くアレンジして、少し内容も高度にしたつもりだったのですが、それが抽象度が高いような方向へ行ってわかりにくいと感じた方もいたようでした。

やっぱりパワポは、いつもとおり”わかりやすく”を最大の目標とし、具体例もしっかり入れ込んだ内容にするのがいいんだなと反省です。

そして今回は初めて私が行う「ミニ調停ロールプレイを見てもらう」(フィッシュボール)にチャレンジしてみました。

いままで先生方がなさっていたことを自分でもちゃんとできるのか?見せるに値するのか?は悩むところでしたが、やっぱり実際にその場でやっているのを見てもらうことで理解が進むだろうと考え、思い切って取り入れました。

結果のほどは・・・

まあ、なんとかcoldsweats01

そのへんも気になって、新潟県司法書士会で行ったADR研修では初めて(今回は初めてやることが多いですね)アンケートも取ってみました。

11名から回答をもらったうち、面白かったパートは?の質問に対して5名から調停ロープレに○があったので、まずまずだったかなと胸をなで下ろしています。

終わってみて改めて思うのは、特にADRトレーニングは最初が肝心。

新人もしくは初学者向けの場合は、特に熟練した先生にトレーニングしてもらうのが大切だと思いました。

いままでの司法書士の常識と違うことを扱い、争点や法的な問題を正面切って取り扱いことなく合意に導くやり方には違和感を抱く方が多いことでしょう。

ここをしっかり説明・納得して頂けないと反感・不信感をもって帰って頂くことになりかねないのです。

そういう観点から言えば、本来はメディエーションのプロにやっていただければもっともっと感心をもって取り組んでみたいと思う人も出てくるんだろうな~、今回はどのくらいの方から本当にやってみたいと思って頂けたのかと考えたりしています。

まだまだ修行ですgood

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日)

トラブル解決力アップ講座 終了

10月1日~2日は、鈴木有香先生を講師に”トラブル解決力アップ講座”を開催しました。

参加者は1日が24名、2日が21名でした。

会場の広さと内容からすると、結局はちょうどよい人数でした。

鈴木有香先生は、行く場所(どこの県か?どの業界か?)によって研修スタイルを変えていらっしゃるとのことです。臨機応変に変えられることがすごいですねsign03

新潟県の司法書士会はどんなだろう?と観察されていたようですが、そのご意見は・・・

・指名されないと話さない。

・発想力が弱い。

・アイディア出しが遅い。

・集団でやるときは、なんとなく一緒に行動しているようだが、個々人の考えは別々

超納得sign03

県庁のデータから推測した私の新潟県人イメージとも重なる部分がありました(笑)

今回は、ポジションとニーズをとらえること、そしてパラフレーズとリフレイミングをするための基本レッスンをたくさん体験することができて良かったです。

積み重ねて練習することで、慣れるしかないですね。

メディエーターのやることがいかに高度かということも再認識しました。

そして、クリエイティブであるべきメディエーターとは最も遠い存在であることも充分自覚。

自分のくせも発見でき、気をつける点も自覚できてよかったです。

今回は、若手研修部員が研修運営を担ってくれたので、いつもより全然楽でしたheart

Oさん、Sさん、ありがとう!感謝してますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 3日 (金)

日米ADRシンポジウム行ってきました

昨日、9月2日(木)は弁護士会館で日米ADRシンポジウムが開催されたので、参加してきました。

ずっと具合悪くて、銀座のマリアージュフレールに紅茶を買いに行くことができず、やっと買える!とまずは、銀座でお買い物heart新しい銘柄”PARIS-Shanghai”を購入。

その後、芝さんとランチしてから会場入りしました。

参加した感想は・・・ 疲れたbearing

運悪く台風の到来日にぶつかってしまい、午後からクラクラが始まってしまいましたwobbly

ADR関係の著名人ばかりの会場で緊張したのか、冷房のせいか、低気圧のせいか、パワーが出ませんでした。

なるべく右脳で考えようと、昨日もマインドマップで講義録をとりましたが、特にダン・ワイズ先生の言葉が早く、うまく書けませんでしたね。

プログラムは芝さんがしっかり書いて下さっているので、そちらをご覧下さいhappy01

Dan_20

印象に残ったのは、アメリカから来られた2人の先生方の話ではなく、岡山弁護士会の鷹取司弁護士の話でした。

岡山弁護士会では、岡山仲裁センターで同席調停を実践されているのですが、運営上困っているポイントがにいがたADRセンターとそっくりだったからでした。士業団体で運営するとどこも同じなんだなとわかりました。

・若手の参加が少ない。

・センターで調停を実施するメリットが伝わらない。人間性の向上などと言ってもウケが悪い。

・トレーニングを実施してもあまり人気がない。

・会務の延長と捉えている。そのため、なるべく負担を軽くしてほしいとの要望。

・報酬の問題 など

一方、特筆すべきは、応諾率8割・解決5割という数字です。

更に、利用者アンケートによると、”明らかに”評価型調停より自主交渉援助型調停の法が満足度が高いという結果です。鷹取先生は(謙遜して)「自分たちのレベルの自主交渉援助型調停でも、評価型より満足度が高いのです!!」とおっしゃっていました。

仮に技術が稚拙でも、調停人が丁寧に進めよう、自主交渉援助型でやってみようという気持ちは当事者に伝わるものなんだな~と感じました。

さて冒頭、ADR関係者で著名人がたくさんと書きましたが、別の言葉で言えば「ADRマニア大集合!!」ってところでしょうか(笑)

残念ポイントは、あんまり打合せしていないであろうシンポジウムなんだろうな~ということ。

なぜか?第2部ディスカッションの時間は70分の予定で、5人のレポーター+会場発言予定者10名+ダン先生+ラブ教授。全員が話すとして一人平均4分。

これって、無理でしょうsweat01 時間どおりにするならコーディネーターすら口を挟めない状態です。

しかも有名な大先生がたばかりですよsign03ということで大幅延長。(実は、最初の挨拶から時間はオーバーしていました(^^))

Irie_20

注:入江先生は、コンパクトでした。

クラクラだし、話が終わらず、5時をすぎた頃から集中力はなくなっていましたね。

心残りはダン先生+ラブ教授のお話がもっと聞きたかったこと。懇親会でちょっと話しかけてみましたが、あまりに久しぶりのため英語が口から出てこなくて断念。悲しかったですsweat02

今朝は朝からぐったりでしたので、早速”PARIS-Shanghai”を飲みました。ちょっと優雅な気分になれましたnote

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月13日 (火)

新潟大学・学生の感想 その1

6/29(火)の新潟大学での講義の後、学生さんからレポートを提出してもらいました。

5:55終了で早く帰りたいであろうところ、結構細かく書いて下さっていました。

体調が回復せず、気持ちもなんだか落ち込みぎみなので、レポートの中から、「私に向けてのプラスメッセージ」を抜き出してみました。

学生さんは、単位がかかっているので、厳しい意見は書きにくいのかもしれませんが、多くが肯定的な意見・内容でした。

ちょっと、ナルシストっぽいけど、お許し下さい(笑)

ちなみに、当日やったエクササイズは「流れ星」です。

別の機会には、ADRについての感想も記載してみたいと思います。

-----------------------------------

①エクササイズとして絵を描いたり、自分で考えて記入したり、DVDを見たりすることが「司法書士と法」ではあまりなかったので、とても興味をもって取り組むことができた。また、講義が楽しかったため時間が短く感じた。

②今回の司法書士の方は話し方が上手だった。

③DVDを見ながら自分で気づくことができて本当に理解もしやすくて良かった。

④パワーポイントや説明がわかりやすくて良かった。

⑤紛争解決方法として、回避・無視があることに驚いたが、デパートの不買運動の例えが分かり易かった。

⑥紛争という抽象的なテーマだったので、最初は理解が難しいと感じたが普段の講義とは異なった内容が新鮮で、とても集中して講義に臨めた。

⑦五感を持って感じることができ、とても楽しく有意義な講義でした。

⑧エクササイズが楽しかった。次回もこのような講義を期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年10月 6日 (火)

阿賀野市ADR体験講座

今日は、午後1:15より阿賀野市役所で、ADR体験講座を開催させてもらいました。

但し、3つの調停の形を演じる役者さんの練習のため、午前10:00集合です。

やはり会場の様子や机などの備品がどうなっているかによって、実演の様子も変わるので本番が行われる場所でのリハーサルは大事です。

開始早々、講座のスケジュールを間違えたり、ADRについて説明をする中で、言い間違いをしたりと滑り出しがぎくしゃくしてしまいました。。。

それでも、素晴らしい役者さんの演技によって「実演ADR」が無事終了し、休憩の後、ミニ講義をしたあたりから、参加者の皆さんもコチラ側もなれてきて、場が和んでいったように感じました。

そして、「傾聴トレーニング」「言い換えトレーニング」と体験してもらううちに、参加者の方の顔つきも明るくなり、発言も増えていきました。初めて行う傾聴でしたが、一生懸命に取り組んで下さり一安心でした。

そして、最後の調停ロールプレイです。

短い時間でしたが、私たちの想像以上に参加者の皆さんは役になりきり、演じて下さいました。ふりかえりでも、自主交渉援助型の調停のプロセスやその長所について言及いただきました。更に自分たちの仕事に生かせるというような意見も出て、本当によかったですhappy01

私がロールプレイをご一緒した方は消防署にお勤めだそうです。その方から、現場ではパニックになっている当事者に接する機会が多いが、このような傾聴スキルを使うことは現場の処置と同じくらい、もしかしてそれ以上に重要なことであり、パニックになっている人を落ち着かせることにも活かせそうだ、というご意見を頂きました。

メディエーションをしていて、そのような意見を聞いたのは初めてでしたし、現場の消防士さんとトレーニングをご一緒することもなかったので、私にとっても貴重な体験となりました。

㈱新潟日報社の方も取材に来て下さいました。記者さんにも最初から最後までご一緒いただきました。途中で帰る予定だったようですが、面白かったので最後まで残って下さったとのこと、嬉しかったですね!!

阿賀野市の担当者であるNさん、Tさんには大変お世話になりました。

今回の講座が阿賀野市の皆さんのお役に立てれば幸いです。

最後にNさんから、座学だと午後一杯の講義では最後に出てくる参加者の顔が疲れで一杯だけれども、この体験講座ではみんな楽しそうな顔をしているとの言葉も頂き、私たちもやってよかったheartと嬉しかったです。

最後に、参加してくれた「にいがたADRセンター」メンバーの皆さん、本当にお疲れ様でした。皆さんのご協力のお陰で成功できたと思います。ありがとうございましたnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 1日 (木)

3つの調停 実演の練習

昨日は、燕三条メッセピアにて、阿賀野市で行うADR体験講座の事前練習を行いました。

当初は、私の事務所で行う予定でしたが、役者さん1名がプラスになることと調停ロールプレイの練習をしたいという希望者が2名追加になったため急遽会場を別にとりました。

後者の2名の方は、長岡方面からの参加です。熱心で頭が下がります。

昨年のフォーラム以来の3つの調停実演

机の配置やどこから出てくるか?など最初は、ちょっとぎこちなかったですが、小道具を使ったりしているうちに、だんだんみんな気分が乗って参りましたnote

人の演技をみているのは簡単で面白いのですが、自分でやるとなるとタイヘンですね。

もっと練習したい!!という声があったのですが、なにぶん忙しい方ばかりで日程が合わせられません。。。

あとは当日の午前中にもう一度練習して、本番ですsign03

私は、ミニ講義をしたりするので、そちらも参加者の方にわかりやすいように話せるように頑張りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧