ADRセンター

2018年9月 3日 (月)

まるごともめごと相談会を開催しました

平成30年9月1日(土)に新潟県内4士業合同で

まるごともめごと相談会を開催しました。

Img_20180901_094346


今回は、初めての長岡市での開催

場所は、”まちなかキャンパス”です。

今年初めの税理士さんとの合同相談会も                                   同じ所でしたね!

新しいし、使いやすいし、駅から近いし、とても良い会場ですshine

今回もう一つ、初めてのことは

始めに「新しいもめごと解決方法~ADRとは?」と題した                           ミニセミナーを行ったこと

残念ながら、参加者は少なかったですが、ゼロではなくてよかったsweat01

そして、相談会

当日受付の方も含め9名がおいでになりました。

司法書士会の担当案件は5件

当日は司法書士が私含めて3名であったので                           なかなか忙しかったですcoldsweats01

今回のご相談のうち1件は、今まで(司法書士の通常業務含め)                      誰からも相談されたことのない内容でした。

が、現実には、そういうことあるよね・・・という内容

登記は絡むが典型契約等でもなく                                  訴額140万円超えとなり、司法書士では受付不可                            という残念な結果に。

こういうの、ADRで解決できるといいよね~と思うのですが                           結局は裁判所の調停を紹介ということになりました。

一方、ご相談者からは、

「いろいろ親切に相談にのってもらってありがとうございました。
相談会に行ってよかったです」

との言葉をもらったとのことで、安堵したところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 9日 (金)

調停センター主催で所有者不明土地建物問題セミナーを開催

豪雪に見舞われております新潟県です。

悪天候、交通手段の麻痺等で大変だった2月7日(水)に                          新潟県司法書士調停センター主催で                                    所有者不明土地建物問題セミナーを開催しました。

よりによってこんなに大雪になるなんてweep

新潟県宅地建物取引業協会さんと                                     全日本不動産協会新潟県本部さんに                                      ご案内したところ、                                            合計97名の方からお申し込みを頂きましたheart

交通手段もままならないので半分おいで頂ければありがたいなと                     思っておりましたところ65名においで頂きました。

おいで頂いた皆様方には感謝ですsign01

調停センターのフェイスブック画像からコピー

27460006_1884258408275008_579140791

セミナーの内容は、相続放棄についてでしたが、                         こちらが想像した以上に不動産業界の方には                              ご興味があったようです。

継続開催のご希望も多かったので次年度も開催予定

そもそもなぜ調停センターが所有者不明土地建物問題セミナーかと                 言えば、認証済み司法書士調停センターの全国集計で見ると                       調停センターが扱う事案6年連続NO.1は                             不動産賃貸

ということで、不動産業界の方に調停センターを知って頂きたい                  という趣旨で開催した次第

司法書士が最も多く扱う仕事は、もちろん不動産登記ですgood

その意味でも不動産業界の皆様と情報交換するにも良い機会でしたshine

引き続き、どうぞよろしくお願い申し上げますwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 6日 (火)

Web会議環境が良くなっています

テレビその他で報道されているとおり日本海側は大雪ですsnow

今回は福井県がひどい状況のようですが新潟県もかなりの量

連日、新潟県民は朝イチから自宅前の雪かき→職場での雪かき

で疲労困憊wobbly

私の事務所は1時間かかって、出入りができるようになりましたcoldsweats01

現在の事務所前はこんな感じ

雪の壁ができているため、事務所から出るときに                         左右確認がうまくできず怖いです。。。

Img_20180206_153337_2

こうなると、どこにも行きたくないsign01

ということで、昨年、新潟県司法書士会でも導入した                     「Live On」 のweb会議サービスを新潟県司法書士会の                              会議でも使えないか事務局さんとテストしてみました。

はじめ、カメラが使えなくてうまく行きませんでしたが                        いろいろ試すうちにできるようになりましたhappy01

研修の配信だけにしか使わないのはもったいないですもんね。

早速、2月19日の打合せで使ってみることにしますgood

このLive Onは、関東ブロック司法書士会協議会でも契約しており、              関ブロ管内の単位会ですと、そちらの枠も無料で使えます。

ということは、遠隔地調停をする時に、面倒な手続をして                     日本司法書士会連合会のweb会議システムの貸し出しを                   お願いしなくとも、各調停センターは関ブロの契約分を使って                     Live Onを利用できるのですshine

しかも使い勝手は、Live Onの方がいいみたいwink

関ブロ管内で遠隔地調停を実施するハードルは                            これで、また確実に下がりましたねnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月24日 (月)

まるごともめごと調停相談会 開催します!

新潟県でADRの認証を持つ4士業で実施する調停相談会

まるごともめごと調停相談会

今年で3年目になります。

今年の日程は、平成29年9月2日(土)10:00~16:00です。

また今年は相談場所が違います。

新潟県土地家屋調査士会館

(新潟市中央区上大川前通6番町1211番地5                             三好マンション鏡橋3階)

ただいま、「紛争と葛藤の心理学」を読んでおりますが、                     人が葛藤を抱えている時というのは、                                冷静な判断や多角的・建設的な思考を妨げる                            様々なバイアスがかかった状態のようです。

当事者同士では、自分のバイアスに気づきにくいものです。

そんな状態だからこそ、第三者に相談してみませんか?                             紛争解決の一助になるかもしれません。

どうぞお気軽にご予約下さいhappy01

予約先電話番号(受付時間 9:00~17:00)

025-378-5005

チラシのダウンロードはこちら 「290330.pdf」をダウンロード

H2992_

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月16日 (火)

かいけつサポート通信 42号

法務省かいけつサポート通信 42号です。

ダウンロードはコチラ 「20170516_.pdf」をダウンロード

法務省へ提出する事業報告書の締め切りは6月末日

今週末は新潟県司法書士会の総会なので、                             事務局さんはものすごく忙しいハズ

総会が終わると事務局さんから報告書の内容チェック依頼が                   来そうです。

新潟県は件数少ないのですが、完璧な報告書を1回で                       出すって、なかなか難しいsweat01

毎年法務省より何かしら”補正”依頼があるようです。

今年こそは、補正なく提出したいものですcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月22日 (木)

燕市社会福祉協議会 福祉後見・権利擁護センター運営委員会でSmileのご紹介

本日は、燕市社会福祉協議会 福祉後見・権利擁護センターの運営委員会に出席して参りました。

この会議は、多方面から福祉関係の方がお集まりになっているので、私も非常に勉強になっております。

さて、数日前にこの会議の事務局さんから、参加メンバーの日頃の活動などを順番に紹介していく企画をお考えと聞きました。

で、今回は私の活動をご紹介させて頂けるとのことshine

チャンスsign03

ということで、新潟県司法書士会調停センターの活動をご報告させてもらいました。

個人的には、メディエーションは”対人支援”だと思っているので、その点も織り込みながらお話させてもらったところ、ご参加の皆様からも好感触で、調停センターの活動に賛同頂ける前向きなご意見を多く頂き、気持ちを強く致しましたnote

また今後、ご参加の委員さんの普段のフィールドでお話をさせて頂く機会が得られるかもしれないですheart

少人数の集まりでも、お伺いしますので、お気軽にお声がけ下さいsign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 1日 (木)

手続実施者養成研修

今日から9月

やはり秋の匂いというか、雰囲気を感じるようになりましたね。

8月28日の調停合同相談に続き、今月の調停センターのメインイベントは

9月24日~25日の新潟県司法書士会調停センターが主催する

手続実施者養成研修note

講師は、九州大学大学院法学研究院准教授の入江秀晃先生です。

しかも今回は、東海大学法学部法律学科の北村隆憲教授が傍聴においでになります。

今回は、当会会員のほか、行政書士、土地家屋調査士会、社会保険労務士、弁護士会、新潟県消費生活センター、関東ブロックADR委員会に案内を出しました。

結果、思ったこと

司法書士向けの手続実施者養成研修(体験型)は、どんなに高名で良い先生に来ていただいたとしても1日が限度

調停人になってほしい人に限って多忙のため参加の意思があっても日程が合わないことが多く、参加者が少ない

今後の調停センターの研修を企画するに際しては、よくよく上記のことを考えておかなければならないですね。

そしてもう一つ

上記研修について、心当たりの先生方に電話してみました。

全員元執行部(元会長、元副会長、元研修部長)でございます。

お声がけした全員が日程調整して下さったり、「今回は無理だけど、また何かあったら言ってきて」と言って下さいます。

なんとも有り難いことですshineshine

この元執行部の皆さま方は、私が理事をしていたときにお世話になった先生方ですが、司法書士制度についても、真剣に考え、行動してきた尊敬すべき先輩ばかり

頼りになるのは、この方々なんですsign01

執行部は退任しても、調停センターでまだまだ活躍していただくもんね~~happy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月30日 (火)

まるごと1Day調停相談会 開催しました

平成28年8月28日(日)にまるごと1Day調停相談会開催しました。

時間は、10:00~16:00(ただし、当日の実際の相談終了時間は16:00を過ぎました)

オリンピックが終わった後、夏休み最後の週末の日曜日、ということでどれだけ新聞等に記事が載るかとても心配しました。

結果、新潟市報、新潟日報、柏崎日報の夕刊、そして業界紙である”建設工業新聞”(社会保険労務士会さんとつながりが深いそうです)に載せて頂くことができました。

相談件数は、

司法書士会が6組7件(修正しました)

社会保険労務士会が2組2件

土地家屋調査士会が2組2件

こういった相談会は、いかに新聞等に載せていただくか!にかかっているということを改めて実感した次第です。

つまり、ニュースリリースの見出し及び内容そしてタイミングが重要です。

今回の相談会の特徴としては、開催直前に新潟日報さんに載せていただいたので、当日のご予約が複数あったことです。

また、他士業の当事者の中に認知症の方がいるということで成年後見の説明をしたり、と士業をまたいだ相談にも対応できたので、合同相談の意義があったなあと思いました。

当初、司法書士会としては、運営委員の他に手続実施者名簿登載者2名に応援を頼みましたが、こんなにいらなかったかなあsweat01と心配になっていたところ、蓋を開けてみると予約が埋まりましたshine

相談会終了後に、KPTシートを使って全員で振り返りをしたのですが、社会保険労務士会、土地家屋調査士会、行政書士ともに継続して相談会を続けることの大切さを認識して下さっていたことがとても嬉しかったです。

続けることで、徐々に知名度を上げていこう!という結論になりましたhappy01

振り返り結果を活かし、来年も更にバージョンアップした合同相談会としたいと思います。

関係者の皆さま、大変お世話になりありがとうございましたm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月27日 (土)

新潟県司法書士会調停センターのこれから

先日、新潟県司法書士会調停センターの運営委員会がありました。

議題は、以下のとおりです。

1.遠隔地調停ができるようにするための規程変更

2.明日の「まるごと1Day調停相談会」の直前打合せ

3.調停利用者アンケートの改訂版の確認

4.会員に向けた調停センターが遺産分割を扱うことに関するアンケート結果について

4については、調停センターの今後の方向を考えるにつき、新潟県司法書士会の会員は調停センターが遺産分割を扱うことに対してはどのようにお考えだろうか?ということを知りたくて、アンケートをお願いしました。

集計結果を見ても、なかなか結論は出しにくいですbearing

仮に進めるとしても、理事会の意見がどうか?

そして弁護士会さんとの協議がどうなるか?と大きな大きな山が2つもありますsign03

更に言えば、新潟県で司法書士会が実施する調停センターがニッチなサービスとして、人々に受け入れられるのか?という根本問題を考えてしまいます。

これは、覚悟の問題なのかもしれませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 3日 (水)

かいけつサポート通信第37号

かいけつサポート通信第37号です。

ダウンロードはこちら 「20160803_.pdf」をダウンロード

今回は、平成28年7月8日に開催された日本ADR協会主催シンポジウムの紹介記事です。

私も端っこの方に、ちょっぴり載っております。

いつもながらの「まとめ力」 う~んさすがです。

会場には法務省の方も5名おいでになっており、懇親会の席で数名の方と少しお話させてもらいました。

昨年とは担当者の方が変更になっており、現在規程修正についてご相談させている方にも直接、会うことができましたsign03

今回の規程修正は、遠隔地調停が実践できるようにするものです。

これがなかなか難関で・・・

利用者の不便を少しでも解消したい、利用者目線での動機なのですが、「文言」に落とし込むのは大変ですcoldsweats01

実際に実践されている全銀協さんの規程を見ると、そんなに複雑な規定ぶりではないんだけどなあsweat02

今月開催される運営委員会で、もう一回検討しますが、無事に法務省チェック通るといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧