仕事のこと

2017年10月22日 (日)

関東ブロック司法書士会協議会の理事会に出席

先週19日木曜日は、関東ブロック司法書士会協議会の                              理事会に出席してきました。

会議の席上、関東ブロック司法書士会協議会の活動が                       あまり一般会員に知られていない、もっと会員にも知ってもらえるようにしたい、           というような発言がありました。

上記発言に、びっくりした私。

何も知らない一般会員であった時は

「え!むしろ隠してたんじゃないの?」と思ってました。

構成員も変わってきて、風通しよくなってきたのかな~と嬉しかったですhappy01

ということで、隠していないならば会議資料で一番印象に                    残ったことについて書いてみます。

それは、関ブロ各会の会員本人の定時総会出席率に関する数字

会員本人の総会出席率(高い方から)

第1位  東京  

第2位  山梨

第3位  栃木

第4位  長野

第5位  茨城

第6位  群馬

第7位  静岡・新潟

第9位  千葉

第10位 埼玉

第11位 神奈川

東京が1位って結構びっくりですw(゚o゚)w

会員が多い都会は関心も低いと思っていました。

が、その意味で言えば、神奈川・埼玉・千葉は当てはまりますね。

同じ会員数が少ない山梨や栃木で出席率が高い一方、                      新潟県は比較的会員数の多い静岡と同率7位

ここでも新潟県の県民性~他人にあまり協力しない~という刷り込みが                        強くなってしまう私ですcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月18日 (水)

印紙税の還付手続をやってみた

司法書士をしていると日常的に印紙を収めております。

最も頻繁なのが、登録免許税

こちらの還付手続は、過去に数回経験済み

不動産登記のオンライン申請が始まった頃、オンライン納付した                  登録免許税の還付手続は、結構面倒で、実体験を                          このブログ記事にしたところ、結構閲覧がありました(笑)

今回は、司法書士生活で初めての印紙税の還付手続を体験

ということで、以下体験記です。

具体的には、契約書に貼った印紙税の金額が間違えており、                     しかもそれに割印をしてしまったケースで、                               この貼り間違えた分の印紙の還付を受けたいというものです。

まず、還付申請書は窓口申請か郵送でよいか?がわからず                     税務署に電話

答え:郵送でもOK

今時、紙での窓口申請しか受け付けないって・・・ないですよねcoldsweats01

税務署HPの解説ページはこちら

で、申請用紙をダウンロードして、記入。「kagono.pdf」をダウンロード

今回のポイントは、申請者が誰か?ということです。

当初、司法書士が作成して、印紙を立て替えて貼っているので                    申請者も司法書士である私だと思って記入したところ、                     税務署から請求者は「契約当事者」からでないとダメ

司法書士が申請するとすれば「代理人」として記入せよ、                    とのことでした。

代理人届出書はこちら 「jimuDairi.pdf」をダウンロード

また、本人申請でも代理人申請でも、契約当事者の方の                            マイナンバーを記入しなければなりません。

もっと簡単にできると思っていただけに、ちょっとびっくりbearing

次に、申請書の書きぶりの点ですが

「過誤納となった理由」は貼り間違えでも「書損等」になります。

「文書の種類」は司法書士手帳にも記載ある「文書の種類」を                  当該契約書の類型を抜き出して記入。

例:不動産の譲渡に関する契約書

「文書の名称」は、当該契約書のタイトルをそのまま記入

「数量」は、契約書の通数を書きました。

「納付年月日」は契約書に記載ある日付(貼った日ではない)

ちなみに、今回は最初に提出した司法書士が申請人となっている                   申請書は取下書を作成し、同時に本人申請の還付手続の申請書を提出

本人のところに入った還付金を受領することで終了

次回、仮にまた印紙税の還付手続をするときには、                        代理人からの申請にしますsweat01

いや、次回は絶対金額を見間違えないようにしたいsign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月11日 (水)

新潟県警察学校で講演

もうちょうど1週間前の話になってしまいますが

10月4日(水)に新潟県警察学校で講演して参りました。

講演内容は、例年どおり「多重債務相談関係について」

が、ご要望としては成年後見や相続についても                              サラッと触れて欲しいとのこと

今年やってみて、(自分が)気になったのは

”言葉のヒゲ”が増えていること

え~

あの~

これが多い話って聞きづらいですよねcoldsweats01

自分で話していて、しまったsweat01かなり言ってしまっているsign01と                    気づき、言わないようにするもののちょっと気を抜くと                             言っちゃっているsweat02

次回は、11月に土地家屋調査士会さんでのトレーニングなので                     こちらでは、極力減らせるように頑張りたいですsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 6日 (金)

関東ブロック 広報担当者会議に出席

いきなり涼しくなってきましたね。

衣替えと室内のしつらえの変更を慌てて行っております。

さて、今週の月曜日は、四谷で司法書士関東ブロック                         広報担当者会議に出席してきました。

なぜ広報部なのか?

私は新潟県司法書士会では相談事業部の平理事なのですが、                            関東ブロック司法書士会協議会に行くにあたり                            そこではなぜか常任理事

で、関東ブロックの組織内でどこの部署に所属するか?                      というところで広報担当者会議に行くことになったのでした。

ただ、調停センターを運営する際に広報スキルは必須

広報自体に興味ありますsign01

今回は、各関東ブロックの担当者さんからご報告を頂き                      質疑応答を行いました。

興味深いご報告も多く、私自身とても面白かったですhappy01

参加メンバーからメーリングリストで情報交換したいというご意見も                            頂いているところなので、また役に立つ情報をGETできそうですshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 1日 (土)

準備中の申請をオンライン申請してしまった場合

梅雨真っ只中

そして今日から7月 新潟県はかなりのrainです

さて、先日自分でも驚く事態dangerが発生したので                              まだこの異常事態を経験したことのない                                同業の皆様に向けて記事を書いてみますcoldsweats01          

なんと

まだ準備中の申請を

いつの間にかオンライン申請してしまっていたのですsweat02

Windows10の仕様のせいか?パソコンの調子が悪くて                         ちょっと困っていたときに、押してしまったらしい。。。

翌日、あれ?なんで申請されちゃってるの?と気づき                             慌てて法務局に電話

すると、司法書士側ですぐに取下申請はできず                          なんと取下できるのは4日後になるとのこと

登録免許税の支払期限が関係するのかも。

今回は、申請しただけなので当然登録免許税は納付していません。

で、指定の期日になりました。

もらった補正コメントは以下のとおり

「申請書情報に記載された登録免許税の納付がありません。
 ついては,次の手順により,速やかに納付の手続を行ってください。

納付の確認がとれない場合には,申請を却下することがあります。

 なお,納付を登記印紙又は領収証書によって行うときは,                           申請人の印鑑(登記所に提出された印鑑に限ります。)を                                  押印した補正書に貼付して,提出してください。」

この補正コメントがないと取下もできないっていうことです。

却下されるまでには、時間がかかるから                               このタイミングで取下する、ということらしい

申請中になっていると登記事項証明書が                                  取れない不都合がありますからね。

法務局に行った時に、この間違い申請のこと聞いてみたら

結構あるらしいですwobbly

以後、気をつけますsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月30日 (金)

農地法第3条の許可を申請した後に売主が死亡した場合

農地法第3条の許可を申請した後に売主が死亡した場合                      当該許可申請及び今後の手続がどうなるか?

とてもマニアックな話ですが、実際に起こってしまいましたsweat01

この問題、大先輩である古橋先生がブログ記事を                              書いていらっしゃり、参考にさせて頂きましたsign01

結論は

①農地法第3条の許可の効力は相続人に及ぶ。

②売主の相続登記をしなれけば、売買による所有権移転はできない

(登記研究133号)
(問) 農地法3条の許可を停止条件とする売買契約をなし、                     その許可の申請中売主死亡した後許可があった場合                        その許可は有効と解するが、この場合はいったん                          相続人名義に相続登記をなしたる上で売買登記を                        なすべきか。

(答) 御意見のとおりと考えます。

 農地の売主死亡後農地法第3条の許可があった場合に                    当該農地の相続登記を省略して売買による                            所有権移転登記を申請することはできない。
(昭40.3.30、
民事三発第309号民事局第三課長回答)

(登記研究545号)
問 農地の売主甲が死亡し、相続人乙への相続登記が                       された後に農地法3条の許可が甲あてになされた場合、                             同許可の効力は相続人乙に及ぶので、右許可書を添付                      して乙から買主への所有権移転の登記を申請することが                      できると考えますが、いかがでしょうか。 

                                    
(答) 御意見のとおりと考えます。

で、ここから私が経験したこと

農業委員会から電話が来て、農地法第3条の許可は                      進めてもいいか?念のため売主の相続人に確認してほしいとのこと。

OKならば、許可は出す。

そして、当該土地について相続登記をした後でないと                       許可書は渡すことができない、とのことでした。

諸事情あり、相続登記が完了するまでは相当時間がかかりそうcoldsweats01

一つ一つ処理して行きたいと思いますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月12日 (月)

株主リストと株主名簿は兼ねることができない

今回は、司法書士業務について

とある株式会社さんからの商業登記の依頼

この会社は、平成18年の会社法施行以前の設立です。

取締役会設置会社の廃止等にともない、                                 株券発行会社も廃止することになりました。

この場合、添付書類として「株券不発行の旨」の記載がある                            株主名簿が必要です。

ここで疑問sign02

コレ、株主リストと兼用できないかな?

つまり、株主全員を記載した株主リストに                                「株券不発行の旨」を記載したら、別途、株主名簿いらないんじゃない?

ということで法務局に質問してみました。

答え:兼用不可

書面の内容は、ほぼ同じだからいいかなと思ったけど                            この二つは作成趣旨が違うからダメだそうです。

法務局からの回答は事務員さんが聞いて、それを伝聞で聞いたので               理由の方は正確ではないかもしれませんsweat01

が、結論としては ダメ

わかったような、わからないような・・・

もう一度、条文あたってみようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 8日 (水)

兄弟姉妹構成と相続争い

2/15(水)放送分のNHK Eテレ「オイコノミア」が、とても興味深い内容でした。

タイトルは ”特性を生かそう!兄弟姉妹と経済学”

http://www4.nhk.or.jp/oikonomia/x/2017-02-15/31/13414/1303245/

番組HPでは、番組内容は以下のように要約されています。

あなたは何人兄弟の何番目?

今、経済学では兄弟構成が与える影響が研究されている。

二人の姉を持つ又吉は○○を好まない?

兄弟芸人・中川家もビックリ、兄弟姉妹の経済学。

私がこれはsign01と思ったのは、上記のうち、3番目

○○の答えは、「競争的な報酬」を好まない です。

このお話の理論的背景は

”兄弟姉妹は、逆の性の性格に同化する”とのこと。

番組講師の大竹先生の具体的な説明によると

diamond弟を持った女性は、妹を持った女性に比べて競争好きで自信がある。

club姉を持った男性は、優しく協調的な女性の性格を持つ傾向がある。

姉弟ペアがより強くこの傾向が出るようです。

同性同士の兄弟姉妹の場合は、それぞれ競争を嫌うことはないようですが、姉・弟パターンの弟は競争を嫌うようなのです。

ものすごく納得flair

最近経験した複数の家族間トラブルの事例を思い出すに、姉・弟ペアで、発言力の強い姉がコトを大きくするパターンが多いかもsign01

更に、もめている相続のパターンを思い出すに

嫁にいった姉VS家を継いだ弟(長男) が多いような気がしますcoldsweats01

似たようなパターンになるというのは、理由があったんですね~

腑に落ちましたshine

もちろん、全ての兄弟姉妹がそういう風になる訳ではないでしょうが、相談を受けた場合のこちら側の心構えとしてちょっと気をつけておきたいなと思いましたwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 2日 (水)

QRコードリーダーを使ってみた

少し前に遅まきながら、登記識別情報の読み取りのためのQRコードリーダーを買いました。

ウチなんて、そんなにたくさん入力するような登記は来ないよね~と油断していたら40筆以上の入力をすることになり、あまりの大変さに腱鞘炎になりそうになり、購入を決断した次第。

Img_20161102_174304

で、初めて使ってみた。

ピッと読み取ると、もうデータが入ってるsign03

事務員さんと共に感動の瞬間でしたshine

すごく楽ちんshine

手入力だった頃の手間はなんだったの~~~dash

もっと早く買えば良かったなぁcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月20日 (木)

配偶者の法定相続分が変わる?

昨日のニュースで、法務省が民法(相続関係等)の改正に関する中間試案についてパブリックコメントを募ったところ、「配偶者の法定相続分を引き上げる」という部分で反対意見が相次いだ旨を伝えていました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161018-00000084-mai-soci

ちなみに、現在の法定相続分は

子供と配偶者が相続人の場合、子供が1/2  配偶者も1/2 です。

これを子供1/3  配偶者2/3 に引き上げようという話です。

この改正案を見たとき最初に思ったことは、

(司法書士的に)相続登記の時に相続分を間違えそうsweat01

でした。

現在の法定相続分になったのは、確か昭和56年1月1日からです。

それまでは、 子と配偶者の時は 子供2/3  配偶者 1/3 でした。

今回の改正案の逆ですね。

これでまた改正になると、法定相続分がいつくか?の区分が3つになってしまい、相続開始日に応じて、どれになるのか間違えないように気をつけないといけないぞと思ってしまうワケです。

また、今年話題になった某裁判官のツイッター記事によれば、

法務省は,この改正は,法律婚重視派の与党議員らに言われて仕方なくやってるところがあるんだよね。民法900条4号ただし書前半部分の削除を通す代わりに。だからダメでも別に構わない

とのこと。

新潟県の田舎で細々やっているワタシ的には、配偶者の法定相続分が増えたらいいなと思った事案はほとんどありません。

ちなみに、中間試案にある”配偶者の居住権”があったらいいな~思った事案もなく、同様に本当に必要???って感じです。

実務的に上がってきた改正じゃないみたいだし、私もこの改正には消極ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧