メディエーション

2019年2月21日 (木)

かいけつサポート通信第63号、第64号

かいけつサポート通信第63号、第64号 です。

63号はこちら 「20190213_.pdf」をダウンロード

64号はこちら 「20190219_.pdf」をダウンロード

63号では昨年開催された愛知県における調停事業者と相談機関との                   協議会の様子が報告されています。 

実績のある愛知県弁護士会が中心にあることも多くの機関が                     集まった理由でしょうか。

各相談機関さんもそもそも充実した活動ぶりなのでしょうね。

64号では来月3月8日に開催される日本ADR協会の                        東京実務研修会の御案内がされております。

法務省の担当者さんは、全国各地、様々な機関に出向き                       ご説明をしているご様子

本当に地道に足で稼ぐことをされており、頭が下がります。

翻って、新潟県司法書士会

調停センター運営委員それぞれが忙しすぎて、                          身動きが取れなくなっているように感じます。

その中でも人それぞれ 忙しさ(人的余裕)の感覚が違うので                            なんともいえない部分はありますが司法書士業界でも                        働き方改革必要なのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月14日 (木)

司法書士会ADRへの苦言をいただく

インフルエンザが猛威を振るっています。

流行に乗っかりやすい私は既に罹患ずみ。

が、私が知っている ある社長さんによれば

一度もインフルエンザに罹ったことがない!とのこと。

きっと免疫力が高くインフルエンザが発症しない方なんでしょうね。

この話、お二人の社長さんからお聞きしました。

お二人とも会社業績好調で前向きでチャレンジングな方です。

心の持ちようも含め、とっても羨ましいなあ。。。

さて、そんなインフルエンザに罹患しやすく、すぐに気持ちもネガティブに傾いてしまう私

先輩司法書士さんからの司法書士会ADRに対する苦言に気持ちが下がりぎみです。

苦言とは 「市民と法 No.114」の記事のこと

そのご指摘に心当たりがある故になおさらです。

司法書士会ADRが低調な理由

1.運営メンバーが固定され、新たな人材が増えない

2.研修が紛争解決という本来の目的からかけ離れており、                   反射的な利益である相談スキルや人間関係に関するものが多くなっている

3.140万円以下の民事紛争に対する分野における専門性が発揮できていない

新潟県司法書士会を見ても、一般民事を受託している方は少数

この点は、随分前から状況変わらず、私も危惧している点です。

どの会務でも協力者は少数で、新規に協力者を探すことは                       極端に難しくなっている現状

一部の会員に負担が集中しています。

この不均衡もどうしたものかと悩むばかり

個々の司法書士がどういった仕事を選択するかについても                    口出しすることなどできず。

特に最近入会されている新人司法書士さんは登記しかしない方が多数

もしくは後見業務がプラスされるだけ

打開策といってもなあ・・・というのが本音です。

しかも、これ以上(数少ない)協力者がダメ出しに凹んでしまうともう・・・

なんとか今後追加予定の「相続に関する分野」を頑張ることで                   何らかの光が見えるといいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月12日 (火)

新潟県司法書士会の新人研修会を担当します

数年ぶりに新潟県司法書士会の3月に実施される新人研修会で                   講師をすることになりました。

ADRのPRのために毎年、研修部にお願いしている枠です。

今年は、合格者1名、特認3名という珍しい年です。

1名の合格者さんには仙台でADR入門の講義はしているし。

ということで、運営委員会で協議した結果

今年は

「クレーム対応」研修にチャレンジすることになりましたsign01

昨年、受講したNVCの講座から多くのヒントを頂き

また、ここ数年の自分自身の困りようなども踏まえ

プログラムを考え始めていますが

やってみると・・・

なかなか難しいsweat01

私の持ち時間3時間の中で、座学で何を話し、どんなワークをするか?

司法書士向けに特化した内容にしたいし・・・

絶賛、悩み中sweat02

産みの苦しみを味わっておりますが、来月にはなんとか形にしたいと             思っておりますsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月21日 (月)

東北ブロック新人研修会に行って参りました

前回の更新から随分と時間が経っていました。。。

言い訳は、戸籍調査でcoldsweats01

さて少し前になりますが、先週14日に仙台で開催されました司法書士の               東北ブロック新人研修会に講師として行って参りました。

内容は、例年どおり 「相談とADR」

今回は受講生37名

うち、一人は新潟県の合格者

平成30年度の新潟県における司法書士合格者は1名でしたので、                   その唯一の方が新人修は東北ブロックのほうに参加されていたのです。

その方とは懇親会でもいろいろお話できました。

しかも、就職先も三条支部の司法書士さんということで                        縁を感じますねhappy01

相談のパートでは、今年から新しい内容を追加してみました。

これまでの内容で自分で作っておきながら                               違和感を感じていた部分について

ピタっと説明できる本に出会ったため、                                 絶対、その部分を改訂しよう!と準備

うまいこと説明できたか?伝わったか?心配ではありますが                      なんとか最後まで話すことができてよかったです。

こと、相談に関して言えば、まだまだ未熟であり                            講義中も失敗談に事欠きませんsweat01

新人研修会で毎年、相談のレジュメを作るたびに、                           説明するたびに、自分の勉強にもなり、大変ありがたいです。                    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 5日 (土)

日本ADR協会 実務情報交換会のご案内

平成31年2月1日(金)に日本ADR協会主催

(大阪)実務研修・実務情報交換会が開催されます。

場所は、淀屋橋サンスカイルーム 9階 9A室

大阪市中央区高麗橋4丁目2番16号 大阪朝日生命館

http://www.sunskyroom.jp/yodoyabashi.htm

時間は 13:00~17:30

◆第1部 実務研修◆

 「相談担当者・事務局担当者にも役立つ調停技法入門

  〜 ロールプレイングで学ぶメディエーションスキル」

◆第2部 実務情報交換会◆

  日本ADR協会からの報告、意見交換、質疑

申込締切は1月23日(水) 定員は50名 です。

参加費用

正会員・賛助会員の方: 年会費1口につき1名無料

会員以外の方(1名につき): 第1部・第2部を通じて3,000円

詳細は、以下をご覧下さいhappy01

https://japan-adr.or.jp/#news20181219

なお、同じ内容が東京では3月8日(金)に開催される予定らしいです(未確定)

予定決まったら、東京の方に行きたいなheart

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月18日 (火)

JIEL「共感でつながるアサーション」に参加

今年もあと2週間というハードな先週末

名古屋にあるJIELのワークショップ

「共感でつながるアサーション」に参加してきました。

Img_20181216_092950

今年はいろいろなことがあり、アサーティブのトレーニングに                    行きたいなあと思っていたところ、JIELで発見

NVCも一緒に学べるという大変魅力的な講座でしたhappy01

NVCについては、とりあえず1冊本を読了してみましたが、                     その活動にはメディエーションも含まれるということを知り                       更に興味を増したところでした。

一日目は「共感のカード」と「ニーズのカード」を使ったワーク

Img_20181215_174145

二日目は「観察」「感情」「ニーズ」「お願い」という                           コミュニケーションの4つの要素を考えながら行う”ダンスフロア”

お!ダンスheartと思いましたが、もちろん本当に踊るわけではなく

感情と身体の動きが一体になるような面白い体験でした。

Img_20181216_152156

10年近く前からアサーティブのトレーニングに行っておりましたが                なんか身につかない感がありました。

しかし、NVCを取り入れたアサーティブでは具体的に”言葉”を意識し、             それを自分の中から紡ぎ出していく訓練ができていくような気がして              とても有益でした。

また、通常のアサーティブではアグレッシブとノン・アサーティブは                  避けるべきであるような(本当は違っているかもしれませんが)ところ

こちらでは、それら2つは「ジャッカル」として象徴され、                      それはそれで大切にするという考え方が自然だな~、いいな~と思いました。

実際、ワークショップの最中もそういったアプローチを体験してみて                    「うん、わかりやすい」と納得感が増しましたshine

この多忙期に2泊3日は行ってもいいのだろうか?と逡巡しましたが

行けば

久しぶりの嬉しい再会もあり

新しい出会いもあり

素晴らしい学びもあり と

行って良かったですshineshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 1日 (土)

司法書士会調停センターに関する徳島県司法書士会との協議会

11月28日(水)に

司法書士会調停センターに関する徳島県司法書士会との                         協議会に出席して参りました。

Img_20181128_134908


本会副会長、常任理事そしてADRワーキングチームの皆様8名と

日司連からはI常任理事と私

合計10名での協議会でした。

徳島県司法書士会では、調停センターの設置を検討されていらっしゃいます。

そこで、今後どのような手順で認証に向けて準備をしたらよいか等に                    ついてお話させていただきました。

ADRワーキングチームのK座長が熱心にADRの研修を受講されており                     これからは実践に向けたステージに移るところです。

徳島県司法書士会は会員数が約140名ということで                          予算も含め、会員からのご理解も不可欠です。

なんとかご理解いただき、調停センターに設置及び認証が                      実現することを願っております。

さて、翌日は、せっかく人生初の徳島県ということで少し観光

眉山のロープウェイ乗ってきました

Img_20181129_101051


そして阿波踊り会館

Img_20181129_114736

Img_20181129_114230

毎日阿波踊りが 昼間4公演、夜1公演 あります!

私は午前中の公演に行きましたが台湾からの観光客も                          いらっしゃってほぼ満席sign01

Img_20181129_110133

人生初の阿波踊りも体験でき、大変満足しております。

徳島は温暖で、食べ物も美味しく、とっても良い印象を持って帰路につきましたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月29日 (月)

愛媛和解支援センターの調停者養成初級講座のご案内

愛媛和解支援センターから

調停者養成初級講座のご案内を頂きました。

また、6月定時総会にて代表者が堀川ふぢこさんに変更になったとのこと。

堀川さんは、愛媛和解支援センター設立時から                           ずっと関わっていらっしゃる重鎮ですねshine

今後ともご発展をお祈り申し上げます。

と、お祈りなどしなくとも、事務局便りを拝見すると

相変わらずの充実した活動内容の数々

さすがですhappy01

さて、講座の内容は以下のとおり

diamond日程:平成30年12月1日(土)10:00~16:00

     平成30年12月2日(日)9:00~12:00

diamond場所:愛媛和解支援センター 松山第二法務ビル3階

diamond講師:稲葉一人先生

diamond定員:25名

diamond受講料 15,000円

diamond申込方法:住所・氏名・電話番号・FAX番号を記載の上、FAXにて申込

 FAX番号 089-915-8831

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月28日 (日)

かいけつサポート通信第59号、第60号

かいけつサポート通信第59号と60号です。

もう随分前の発行分でしたsweat01

「181015_.pdf」をダウンロード

「180903_.pdf」をダウンロード

11月30日(金)に名古屋の愛知県弁護士会で                               中部地方にあるADRセンター間での情報交換会を実施するとのことです。

また、法務省は警察と公証役場との連携も開始した模様

私も毎年行っております新潟県警の警察官向け講座の中で                      新潟県司法書士会の調停センターについてお知らせしておりますsign01

警察官の方によれば、警察は年中無休24時間無料相談状態

警察に来た相談が民間の調停センターに流れてくるか?

というのは、話している私も 実際のところどうかなぁ??とは思っておりますsweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月25日 (木)

関東ブロック内の機材・・・修正!

久しぶりの更新ですhappy01

先週、関東ブロック司法書士会協議会の理事会に出席

驚きの事実がわかりました。

ということで、過去の記事を訂正します。

「オンライン調停に使う機材など」

http://sekikawa-haruko.cocolog-nifty.com/blog/2018/08/post-6dad.html

上記関ブロの研修担当常任理事さんの話によれば

関ブロ管内全ての司法書士会で、研修の同時配信をしているのでない

とのこと。(数字で言えば2つの単位会で実施していないようです)

そして、機材、つまりYAMAHAのスピーカーも購入している会も                            あまり多くないようですsweat02

先月の日司連担当者会議でも関ブロ管内にあっても遠隔地調停は                     実施予定なし、という単位会が少なからずあることも判明

数年前に関ブロ等からの要望で日司連のオンライン                               ソフトの貸し出し規定を整備したのに。。。

う~ん、これはどうなっているのかsweat01sweat01

関ブロでは、ここ4年ほど遠隔地調停の研究をしているようなので                 てっきりどこの単位会も実施予定と思っていましたが、違いました。

今後の運営面も含めて、よく確認する必要があることがわかりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧